May 2020  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

COVID-19/なぜ日本人は死者数が少ないのか?

「感染者数」はメディアが煽るデータと化している。

しかし、回復する人も多く、無症状の人も多い。

 

実際(実感)は、

「死亡者数(Death rate)」で判断すべきだろう。

ニューヨークは物凄い勢いで死者数が増えている。

一方、日本は感染者は増えているものの死者数は少ない。

この辺を数字で考察してみる。

(ほとんどNYに働きにでるニュージャージー州も含む)

 

※4月8日のデータで比較

参照ページはこちら。

https://www.worldometers.info/coronavirus/country/us/

 

ニューヨーク州

感染者数  151,171

死亡者数  7,067

Death rate  4.67%

 

ニュージャージー州

感染者数  47,437

死亡者数  1,504

Death rate  3.17%

 

スペイン

感染者数  152,446

死亡者数  15,238

Death rate  9.99%

 

イタリア

感染者数  143,626

死亡者数  18,279

Death rate  12.7%

 

◎ドイツ

感染者数  114,257

死亡者数   2,349

Death rate  2.1%

 

◎日本

感染者数  4,667

死亡者数      94

Death rate  2.0%

 

Death rateが「3%」や「4%」と上昇していけば、

ニューヨークパターンになって、

「日本もヤバイ!」という判断になるかもしれない。

しかし、今のところはドイツと並び、死亡率は低い。

「日本(東京)もニューヨークのようになるぞ!」と、

煽る人がいるが個人的な見解では「ならない」と思う。

 

理由はメチャクチャある。

 

◎理由その1/米国人は朝から挨拶時にメチャクチャ喋る説

いわゆる「飛沫感染」である。

本にも書いたことがあると思うが、

筆者は米国(フロリダ州の大学)勤務時、

驚いたことの1つに、自分の仕事部屋(個室)に着くまで、

「毎朝すれ違う人との会話が2-3往復ある」というのがある。

※多い時には5-6人と会話がある(朝から疲れる・笑)。

まるで「商店街の大阪のオバちゃんノリ」なのである。

文脈依存性が低いローコンテクスト文化だからだろう。

一方、日本人は下を向きながら「おはざまーす」と、

「おはようございます」ともハッキリ発音せずに着席する。

免疫システムがまだ万全に作動してない中、

「朝イチの会話が少ない」というのは大きいかもしれない説。

 

 

◎理由その2/欧米の(生鮮)市場はとにかく会話しまくりで不潔説

欧米のマーケット・マルシェは、ほとんどが「手づかみ」で、

テイスティング(試食)をする。

日本のように、爪楊枝で1つ1つ分けてあることは「ほぼ」ない。

メキシコだが、映画『ターミネーター・ニューフェイト』でも、

マンゴーを「手づかみ」で1個もらって食べるシーンがある。

 

◎理由その3/日本人とドイツに見られる食の共通点説

致死率が低いドイツは昔、食糧が少なかったので、

保存食の文化。ハム・ソーセージ・ザワークラウトなど。

つまり、発酵に関して歴史と伝統が長く、

菌に対してのの免疫がDNAレベルで強化されている説。

これはつまり、陸続きのイタリアやフランスとは全く違う。

日本も、納豆・味噌汁・梅干しなど保存食文化である。

また、ドイツも日本も医学レベルは世界屈指である。

※日本でも医者のカルテはドイツ語

 

他にも、

(その4・日本人そもそも清潔説)

⇒手洗い・うがい・マスク・日本は部屋に上がる時に靴を脱ぐ文化。

(その5・日本のお風呂(湯舟)文化説)

⇒温熱で少々のウイルスは撃退!

 

あとは仮設段階ですが、

BCG注射(日本型)などなど、有利な点が多い。

 

以上が「日本人、意外と大丈夫説」の理由である。

 

「日本人は楽観主義でけしからん!今にニューヨークのようになるぞ!」

 

このように煽る人が結構いるが、よく考えてほしい。

日本の感染者はニューヨークで流行る前からいたのである。

なので、死亡率もニューヨーク・ニュージャージーレベル、

3−4%でないとおかしいのではないだろうか。

現段階で、そうなってないということは、

「元々ある何かが作用している」と判断できうる。

 

しかし、だからといって油断は禁物。

十分に警戒しつつ、冷静に正しく畏れましょう。

すべては、新コロ助が収束した時に判明します。

必要以上にビビってはいけません。

 

終わってみれば、日本は世界の手本のような存在だった!

こういう直観・予感がする私は楽観視でしょうか。

でも意外と自信はあります。

 

 

JUGEMテーマ:ニュース

引きこもるの「1択」です。

ようやく、非常事態宣言がでます。

手短に申し上げます。

 

「1-2週間、外にでないでください」

 

日銭よりも命の方が大事だからです。

ソーシャル・ディスタンスを確保した上で、

近所の散歩はOK。

 

人口密度が低く、

換気がいいと思われる、

島根・鳥取・岩手はいまだ感染者0人!!!

※2020年4月6日現在

 

これが大きなヒントかもしれません。

 

JUGEMテーマ:外国語学習

 

コロナウイルスの真実 : デーヴィッド・アイク

毎度ながら登場、Dアイクさん。

なんか老けたなー!

 

主張時のダイナミックな口調とは裏腹に、

司会者から鋭い想定外?の質問された時、

「モゴモゴ…」となるのは毎回のご愛敬(笑)。

 

まあ、こういう視点も大事は大事だろう。

しかし「で、それからそれから?」も大事。

 

こういう陰謀論者のほとんどは脅かして終わりで、

「で、我々は一体どうすればいいの?」

この提案がないのが欠点。

 

マクロを考えすぎて、

ミクロ的な実践に及ばないのは一種の思考停止状態。

 

どうか気をつけて。

 

仮に、アイク氏の言う通りだったとして、

その後にやってくるであろうメリット、

デメリットを「自分の頭で」考えたいものです。

 

ダメなのは、

こういった陰謀論者の視点を「斬新な考え」として、

洗脳されてしまうことです。

※心理学的に巨悪に向かうのは応援バイアスが入りやすい。

 

 

仮にイルミさんやロックさんの陰謀だったとしても、

そのシナリオパターンを読んで賢く立ち回ることこそが大事なわけです。

 

八百万の神を信じる日本人は、

そういうのが得意な民族だと思います。

 

 

常に実践的でありたい英語のベンキャウ。的には、

「字幕あり・なし」で動画を観ましょう。笑

 

 

字幕ナシ

 

 

字幕アリ

 

 

 

 

JUGEMテーマ:外国語学習

 

 

 

アメリカの強さ。

ピンチの時、その人の本性が分かる。

個人レベルではなく「国」でも同じかもしれない。

 

昨日の小池都知事の会見は何だったんだ!

要約すると「自粛してください」である。

 

自粛で解決してるのなら、

既に終息に向かっているのではないだろうか。

 

一方、アメリカ(日本時間では毎朝)では、

ABCライブで毎朝トランプのブリーフィングが観れる。

 

英語のベンキャウ(リスニング)にもなるが、

アメリカの意思決定からの実行力、

そして、キチンと具体的で数字を明示した指示がある。

 

日本人はマジメ風な態度で色々というが解決に向かう

「中身(クオリティ)が伴わない」ことが多い。

 

facebook

「ABC NEWS LIVE」を「いいね!」して、

1度でいいから見てほしい。

毎朝6時-6時30くらいからスタートします。

 

https://www.facebook.com/ABCNewsLive/

 

 

中上級者のためのメルマガゼミ開講!

 

2020年4月1日(4月は無料)〜

中上級者向け:メルマガゼミ始めます!

 

いつものように、

「攻めた内容」になっております(笑)。

 

よろしくお願いいたします。

 

◎英検1級(準1級)合格・超能力ゼミ☆

https://www.mag2.com/m/0001691184.html

 

 

 

JUGEMテーマ:外国語学習

12345>|next>>
pagetop