運気良好。テストも実践もデキル人に。Biz英語/観光経営
Profile
Search this site.
Books
英語名言集 kkgs.net
英語名言
MOBILE
qrcode
Others
TOEIC990までの道のり期間。

先日、この記事の同級生が、

ついに、990満点をゲットしました。

http://toeicto.jugem.jp/?eid=515

 

彼は満点を目指して5年かかったそうです。

出身高校は偏差値70オーバーの進学校。

 

もう1人。

 

同じ大学で教えている、U杉先生は、

学習院大学の英文科卒だったと記憶していますが、

彼女も満点まで3年ほどかかりました。

 

つまり、基礎力があって、

元々ふつーに英語ができても、

990までは3年はかかるようです。

 

ヨージ・シュナイダーという人は、

実は IPで1回だけ990とりましたが、

「ほとんど見たことがある過去問(笑)」だったので、

「なんだかなぁ」と思って公開しませんでした。

それでも3.5年です。

 

次に、

 

一発990系の方々を。

 

バイリンガールのちかちゃんは、

記憶が確かなら一発でとりました。

あとは、上智大学の外国語学部英語学科出身で、

ソニーミュージック時代、

ジェニファー・ロペスなどを担当していた今西由加さんは、

一回目で985でした。

今は起業されています。

http://curio-japan.com/corporate.html

 

こういった方々は、

学生時代に日本でいうと英語の偏差値75〜がありますね。

 

以上のことから、

 

「最初にとるTOEIC990」は、

英語能力というよりも、

もっと別の校正能力、

編集能力みたいなことが大事な気がします。

 

翻って900オーバーなら、

1ー1.5年以内で達成されることが多いです。

 

これで、

「900取ったらTOEICは卒業しよう!」の根拠が、

さらに強固になりました。

 

世の中からみたら、

900も990も、あまり変わらないので、

その時間とお金を別のところに回したほうがいいでしょう。

 

 

 

| TOEIC | 20:59 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | このページのトップへ
ヨージ・シュナイダーのレガシー(TOEIC編)。

2012年、

年間を通じて「TOEIC公開テスト」をすべて受けました。

問題が解けるかはおいといて全貌を把握しました。

どういう先生や教材が良いかも!

花田先生/TEX加藤先生/柴山かつの先生/ 加藤優 先生が◎です。

 

中村澄子さんは英語講師というよりも、

反則スレスレの「過去問屋」です(笑)。

『千本ノック』は、そういう風に使いましょう。

英検みたいに?問題が持ち帰れるなら機能したか微妙。

ヨージ・シュナイダーもどちからというと、

「過去問屋」寄りでして、教え方は、

花田先生のように紳士的に分かりやすく!を、

目指していましたが、客観的にみて、

花田先生の方が教え方は上手です(当たり前や!)。

 

片手間ですが学生に教えるという手前、

2013-2014年も飽きないよう、

kindle本などを作ってガンバッテいました。

たぶん、この2年が一番ガンバッタ!!!

HUMMER先生などのご協力も得て頑張れました。

心から感謝。

 

L495/R495は同時に揃えられなかったものの、

チョイチョイ満点が発生するようになりまして、

受け持ちの学生もTOEICの進級条件をほぼクリア。

2015年は本業が忙しくなりまして、

TOEICからは自然と離れました。

 

2016年、TOEICを受けたのは新形式になった1回のみ(笑)。

L490 R475でしたが、Rは明らかにムズくなっていますね。

 

 

ただっ!!!

 

 

ヨージ・シュナイダーは、最近TOEICしてませんけど、

過去に「TOEICしようぜ!」と誘った大人たちの残党が、

900-990を次々にゲットした報告があった2016年でした。

 

930まで上げた、

N松さんは最初のTOEICは550でして、

ほぼ「400点アゲ」です(恐るべし)。

 

そして、これだけは毎回、申し上げたいのですが、

TOEICは「900点を超えたら引退してOK!」だということ。

 

TOEICで出来た仲間には感謝しつつ、

次のステージに向かい、各々のスキルを磨いてください。

TOEICは、転職、進級などを有利にする、

トレーニング要素があるからです。

また、ビジネス的に見て顧客に富裕層がほぼいない上に、

日本人の人口は減っているため、

TOEIC講師になっても、レッドオーシャンです。

(お金持ちになれる可能性は低いです)

 

ということで、

日本の言語の20倍の市場を持つ英語圏に向け、

TOEICで900超えたなら、英語が好きなら、

特技や好きなことを英語でアウトプットしましょう。

「英語で何かを発信できる基礎」は身についていますからね。

 

2017年は、

ブログをもうちょい更新できるよう頑張ります。笑

 

実践的な英語は「英作文が命!」みたいな感じのやつ。

英作文ができれば、英会話は簡単です。

だって、それを読めばいいだけですから。

 

いろいろ仕込みがあります。

 

お楽しみに。

 

| TOEIC | 09:43 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | このページのトップへ
茂木健一郎のTOEIC批判は「仏教」で考えればスッキリする。
TOEICが大嫌いで有名な茂木さん。
個人的には「満点」とはいわないまでも、
970点くらいとって文句言えば少しは説得力あるのになあと思う。
5月から新しいテスト形式になるようですし!

※茂木さんの記事
http://lineblog.me/mogikenichiro/archives/1916371.html

TOEICは「仏教」で考えるとスッキリします。

結論から書くと「TOEICは極楽浄土」だということ。

は?(はいはい、今から説明しますからね〜)

まず、釈迦が説いた「オリジナル仏教」には、
ヤ※ザさんが刑務所から出てきた時に使う「娑婆(シャバ)」と、
悟りの境地を開いた者のみが行ける、
「涅槃(ねはん)」の2元論です。
つまり、茂木さんが説いているのは「オリジナル仏教」なわけです。
常に、英語を使ってバリバリ仕事したり研究しろ!と、
「涅槃に向かう考え方」を説いているからです。

一方、新しい仏教では、
「娑婆と涅槃だけじゃ、分かりにくくね?」ということで、
「(極楽)浄土」という考え方(概念)を後から付け足しました。
つまり「娑婆ー浄土ー涅槃」の「3元論」となります。
あなたの家が「浄土宗とか浄土真宗」など鎌倉時代で習った、
新興仏教なら「3元論」を採用しているということになります。
この「浄土」の1つの現代版の具現化が「TOEIC」なわけです。
「涅槃」に行けるまでの修行の場といえるでしょうね。

ゆえに TOEICは、
どうしても狂気じみた「宗教論争」みたいになってしまいがちです。
TOEICで商売をする人は「浄土の番人」といえるでしょう。
英語を使ってバリバリ仕事をしたり、通訳したり、
論文を書く人は「涅槃の住人」といえます。

もちろん格上なのは「涅槃の人々」なわけですが、
「浄土」の住人も自らにプライドを持って頑張っています。

翻って、
ヨージ・シュナイダーを客観的に観察すると、
「浄土と涅槃を行ったり来たりしている愉快な人」と、
いうことになります(笑)。

お釈迦様は、
「別に、どっちでもいいんじゃね?本人が満足して楽しければ」と、
言ってくれてるような気がしてなりません。

こんな感じで、世界人口の2%しかいない日本人を、
生温かく見守ってくれていることでしょう(笑)。


ただ、個人的には、
浄土の番人が調子に乗って「変な本」をだすなど、
「浄土に留まらせるようなビジネス/慣れあい」はアカンと思います。
ちゃんと「涅槃に行けるように」サポートしてあげたいところですね。
 
JUGEMテーマ:TOEIC攻略
| TOEIC | 19:43 | comments(1) | trackbacks(0) | - | - | このページのトップへ
Mr.HUMMERと久々の再会!
大学ボス(教授)の送別会が白金の八芳園で行われました。
シュナイダーが学生たち(現4年生)に焚き付け、開催。
オペレーションを支えていました。
YOJIの本業は、こういうったイベントマネジメントとかMICEなど、
観光ホスピタリティ産業におけるマネジメントやマーケティング回り。
『おもてなしの未来図』でググっていただけると拙著もでてきます☆。

2015年は、ブログの更新頻度でも分かるように(笑)、
TOEICだけではなく英語のベンキャウ。どころではない感じで忙殺。
英語教育に関しては「国連本」を出すだけで精一杯でした。
2016年は、なるべくまた「英語のベンキャウ。」も書いていきます!

学生が気を利かして呼んだ?
送別会ではMr.HUMMERと再会しました。
また英語も新しくなるらしいTOEICもマイペースで発信していきます。

当たりまくる!出まくる!

◆マッハフレーズ(語彙)は、永遠に不滅です!!
http://toeicto.jugem.jp/?eid=640

 
JUGEMテーマ:TOEIC攻略

 
| TOEIC | 10:37 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | このページのトップへ
合宿完了!
学生のための合宿講義、完了。
この大学の施設はこんな感じで吹き抜けの南国風。
快適&開放的すぎて、
授業に向く空間とは決していえない。
毎回、どうやるか悩みどころ。



しかしながら流石に5回目なのでコツを掴み、
机のレイアウトを大きく変更。
50人以上きたらアウトでしたが、丁度良い学生数に。





前半45分は通常授業、
後半はAirDropを使っての最新式講義+チーム対抗戦。
中々、盛り上がってくれました。

おし、次からは私は、もう大丈夫。
そして、学生たちの可能性は無限である。

JUGEMテーマ:外国語学習

| TOEIC | 22:48 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | このページのトップへ
久々に「TOEIC授業」の準備!
今月下旬は「大学2年生」を対象にしたTOEIC合宿。
基礎の基礎は固まっているレベルなので、
あとは「いかに点数をとらせるか」が課題。
過去問羅列をしても現段階では砂上の楼閣になるので、
過去問羅列5割/英語本流5割でいきたいと考えています。

◆第一候補、グラマー!
TEX先生の新刊はズバリ「文章の質」が良いです。
空所はもちろん、空所になっていないところも、
TOEICでまくり要素満載で英文(短文)全体が良い感じ。
買うつもりはありませんでしたが流石のクオリティで即買い!笑
文法特急、スヨン本と合わせれば万全の詔。




  

◆第二候補、リスニング穴埋め&リテンション!
やはり、バカでも手っ取り早くスコアを上げるにはリスニングです。笑
『爆走の方程式』にあった写経トレをクリアしたらば、
後は問題を繰り返して解きまくるのみ!!!

   

◆第三候補/実践リスニング・スパーク!
こういうのを2.3ストーリー男女で万全にできれば、
TOEICは「ほぼ満点」になるのでは?という仮説があります。
リスニングスコア400前後で停滞している人は試す価値アリ。





JUGEMテーマ:TOEIC攻略
 
| TOEIC | 20:20 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | このページのトップへ
新商品ランク1位!あざ〜す!〜雑草2
あざっす!
いうても、新商品自体が少ないんですけどね(笑)。
それでも、まあ「1位」は嬉しいわけです。

3月15日の公開テストに向け、
速攻チャージするのにも使えますし、
ビジネス英語における手持ちの語彙としても、
長くお使いいただけるようにも設計しています。

また、111のフレーズですが、
1つのフレーズ平均で3〜4の語彙がありますので、
×3、×4はありますし、初弾と掛け合わせれば、
約1000のTOEIC頻出語彙と語感が養成されます。

たまには、マジメに解説してみました。
TOEICごとき、さっさと目標スコアに到達してくださいね!

トゥルットゥ♪




JUGEMテーマ:TOEIC攻略
 
| TOEIC | 09:39 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | このページのトップへ
『雑草のフレーズ2』発進!!!
『雑草のフレーズ2〜旅情の各駅電車/でるでる単』

発売開始されました!







「伝説!?の第一弾」もヨロシクです





JUGEMテーマ:TOEIC攻略

| TOEIC | 12:00 | comments(3) | trackbacks(0) | - | - | このページのトップへ
『雑草のフレーズ2』まもなく!!
今週中(明日中)に、
販売開始いたします!

「まだか?」の沢山のメールありがとうございました。


てか、この表紙、売る気ないやろ!!
でも、ちゅき(笑)♪

2015年も当てまくりますよ〜。
ニヤリ☆
 

JUGEMテーマ:TOEIC攻略

| TOEIC | 05:55 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | このページのトップへ
おし、爆上げ!成功!
たまたま近所なので土日の朝、
呼び出して「爆上げトレ」を敢行した大学生Kくん。

◆Part3のトコに載っている彼。
 

数回の実践を終え、

150点以上の爆上げに成功!!


ゼミ内でトップタイのスコアを「いきなり」とりました。
当然に進級条件をクリア。
ぶっちゃけ、昨秋にはexplainの意味も知らなかったんです、彼。


シュナイダー先生は、嬉しくて泣きそうです。


よくやった!!!



もう少しだけ上げて、さっさとTOEICなど脱出し、
実践で使える英語を目指して行こう。




JUGEMテーマ:TOEIC攻略
| TOEIC | 01:11 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | このページのトップへ