運気良好。テストも実践もデキル人に。Biz英語/観光経営
Profile
Search this site.
Books
英語名言集 kkgs.net
英語名言
MOBILE
qrcode
Others
「学芸員は癌」に対するボスの神コラム!

◆山本担当相「学芸員は癌」の教訓!

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170417-00000039-jij-pol


Dr,Tadの実に興味深い洞察をshareしています。
日本人の傾向は「我々は(日本のために)文化的な良いことをしてるんだから、経営や財務はそっちの担当者がやれや!」という発想。実はこれ、日本のボランディアの人たち、NPO(非営利組織)の人たちにも、同じ傾向がみてとれます(もちろん全てではありません)。

 

ビジネスに寄せれば、プライドだけ高くて全く儲かってない老舗旅館も同じです。以前、ただの団子屋、赤福のオヤジが「(マナーが悪い)外国人は来てもらわなくて結構」といってたみたいな感覚も少し近いでしょうか。日本人は基本、少し自分を殺してネットワーキング化する自他共栄の精神が意外とないです(島国根性)。特に、社会的な地位が上がっても、この傾向はあまり崩れず「キモい見栄やプライドや嫉妬」が見え隠れします。この部分はアメリカ人の方が遥かに優秀です。ここは長崎の超能力にかけて断言します(笑)。MICEも同じ!

 

人口増のボーナスで、税収も高い時代はスルーしても財源があったかもしれませんが、人口減のトレンドでかつ、グローバル市場では「学芸員を無下にした言い方はけしからん!」みたいな数字をみない道徳論ではアカンのです。感情論だけの議論はアホとしかいいようがありません(山本担当相の言葉が少し足りないのもエラーの原因)。

まあ、なんでこうなるかは、ぶっちゃけていうと元々、観光に関しては官僚の皆さん(特に階級が上の偉い方々)は、あまり興味ないのです(参事官クラスN=4)。もっといえば、国に頼る民間もアホです。システムが見える賢い官僚さんたちだからこそ弱点が見えてしまって、イライラが募り「学芸員は〜」の発言になったと推察されます。

 

では、どうすればいいのか?

 

日本的なこともどっぷり分かって理解できてるしアウトプットもできる。そして最低限のファイナンスやマネジメントもできる。そのハイブリッド性がこれからの時代、大事なのです。

 

面倒くさがらず、
建設的な議論と「個の突破力」をしませう。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーー

以下、米国セントラルフロリダ大学

Tadayuki Hara先生(Dr.Tad)の記事

ーーーーーーーーーーーーーーーー

 

[Curators' Mindset Must Incorporate More Framework of Business and Tourism] 学芸員・博物館・非営利団体と観光・文化財源問題
Japanese media reported critically about the speech made by a Minister about the mindset of curators at Museums. He made an apology and withdrew his previous comment saying curators without mindset of accommodating tourists must be replaced. Well, having worked with non-profit art organizations for 10 years and also worked for UNESCO for measurement of economic activities of culture, I would rather say that a very good argument was raised in this issue. 

 

日本のメデイアで掲載されている学芸員問題、過去10年ほど米国黒人非営利文化団体の役員をし、またユネスコの文化活動の経済効果分析に関する世界標準測定方法構築のコンサルタントをしている立場から言わせて頂くと、実はとても重要な問題提起がされたと思います。米国の非営利博物館の学芸員の方々と長年資金繰りや財源確保の問題を議論してきたのですが、米国学芸員の方々の多くは、年間予算策定や対予算実績評価、損益分岐計算等の訓練(エクセルのような表計算ソフト使用能力含む)はほぼ受けていません。文化のプロであることは間違いないですが、そのマインドセットで非営利団体の運営を任されると、コスト面管理の発想は弱く、財務担当者が監査の質問をすると「我々は文化的に有意義な活動をしているので、それで結果として非営利団体が赤字になるのは、運営赤字を補てんしない地方政府担当者の文化への理解が不足しているからだ」という発想で反論して来ます。

「そうではない、特別企画文化展示プログラムは、それぞれ単体で運営コスト増に見合う収入(企業・個人スポンサーの寄付金、展示入場料売上(単価X人数))できちんと黒字の想定を確保し、それに見合ったマーケテイングをして初めて、実施する価値がある。域内の居住者だけでなく、域外からやってくる文化観光客を確保できれば周囲のホテルやタクシー、レストランも観光消費で潤うから、遠くから足を運ぶ価値のある文化財展示企画を考えてくれ」、というような事を学芸員に教え込むのに10年ほどかかりました。 実はそのように非営利組織である博物館や文化施設を、地方政府の補助金や企業寄付で運営赤字分を補てんするという財政的に甘い構造は抜本的に意識改革しなくてはならないという問題は、もっと大きな、年間赤字額15億円強を抱えていた年間予算400億程度のNew York’s Metropolitan Museum of Art でも、「非営利団体・博物館のトップには学芸員の発想ではなく、きちんと予算や収支の発想があって且つ文化的な知識のある人材を据えよう」という話が先月(3/21/2017)ウオールストリートジャーナル誌にも取り上げられています。(自分のファイナンスの授業で学生に課題として読ませましたのでよく覚えています)。

https://www.wsj.com/articles/a-new-plan-at-the-metropolitan-museum-1490122706

 

今の日本はどうもマスコミが批判的なタイトルを上げると、本質的な部分や世界的な視野での洞察なしに、力任せに感情的批判に走る読者が多いようですが、この問題は本当に重要な問題提起をしていて、それは世界的に話題になっている話題(文化施設財源問題)であり、たまたま自分が国連ユネスコ統計局のコンサルティングをした内容もまさに文化活動をきちんと経済的枠組みで測定するニーズが世界的に(特に欧州と中南米)盛り上がっているからだという背景があるのです。日本語での報道があった際に、「世界的にはその問題はどういう趨勢になっているのだろうか」、という事を英文情報(消費者20億人、日本語は1.27億人なので、15倍情報量が多い)で自ら(マスコミの邦訳でなく)確認すれば、もう少し深い議論が出てくるのではと思います。

 

 

JUGEMテーマ:観光まちづくり

| マネジメント/雑談 | 02:25 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | このページのトップへ
「英語の本」はレッドオーシャン市場。

「英語のノウハウ本」は、

シュナイダー・ブランド(笑)で、

kindle本で沢山だしてますが、

「お遊び感覚」だから面白いのであって、

問題と解説をつけて〜、CDつけて〜みたいのは、

個人的には微妙です。

 

なぜなら、

形式的には「本」ですが、

本質的には「英語の教材だから」です。

 

勘違いした英語の先生が、

読み物系の本をだしても売れないのは必然でしょう。

 

なぜなら、

そういう人たちは学術的な研究者でも、

作家でもなく「教材屋さんだから」です。

 

作家さんや研究者とは、

言葉(日本語)の感性と磨かれ方が違います。

圧倒的に。

 

英語の教材が「どれも似たり寄ったり」だと感じるのは、

おそらく閉鎖的な「教材屋さん」に、

頼らざるをえないからでしょう。

 

しかしながら、ちゃんと探せばよい感性をもった先生もいます。

 

松本秀幸さんをご存知でしょうか。

 

JAL出身の松本さんは、

メンタル的なコーチング能力もあり、TOEICも満点です。

 

本書はかなり良書ですが、タイトル付けがミスっています。

英語全般のパワーアップ方法が書かれています。

是非!!!

 

『TOEIC®テスト 満点コーチング』
 http://amzn.to/2ppluKV 

 

英語本というレッドオーシャン市場では、

先生と呼ばれる「教材屋さん」が、

地味にヒットを狙う市場になっています。

 

松本先生のような人が英語業界でもっと有名になれば、

実践的な「使える英語」のマスターも増えると思います。

 

ヨージ・シュナイダーさんも、

松本先生クラスの本が書ける自信がでたら、

物体の新刊にもチャレンジしたいと思います。

 

 

物体の本では、教材屋さんにはならないぞ!笑

 

 

JUGEMテーマ:ビジネス

| マネジメント/雑談 | 21:43 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | このページのトップへ
本屋業界の分析とマーケティング

祝!勝手に重版記念コラム!

 

本屋業界の分析とマーケティング。
このたびの新刊は「文藝」でお馴染み、
河出書房新社からのリリースとなりました。

業界的には中堅上位、老舗の出版社です。


他にも2社手が挙がっていたのですが、
一番、主旨を理解してくれたのが河出さんで即決。
本とはいえ「ものづくり」ですから、
核となるパートナー選定は大事なわけです。

出版社も多種多様で得手不得手ありますが、
今回は知られざる「本屋さん」に、
スポットを当ててみましょう。


知ってそうで知らない本屋のヒミツとは?

Amazonの進出で、
メディアそのもののあり方が変わり、
「出版不況」が言われて久しいですが、
人口ピラミッド的には高齢化で、
「文字読み世代のマーケット」は、
「あと20-30年は安定している」と、
いえるのではないでしょうか。

 

むしろ、
蔦屋書店や天狼院書店のように、
個性が圧縮してくる時代でしょう。

これは「旅館」と少し似ています。
つまり、人口ボーナスの恩恵で、
楽して儲けていた?老舗旅館は消え、
元から努力していた老舗は今でも、
外資の追撃を振り切りながら、
いろいろとコラボレーションし、
ガッチリと残っています。


本屋さんも上位、
紀伊国屋書店、丸善ジュンク堂の業績は、
まったく悪くありません。紀伊国屋は、
第122期(H27.9.1〜28.8.31)決算は、
減収ながらも6期連続の増益を確定してます。

とまあ、経営的な小難しい話はおいといて、
皆さんも本を出すことがあるでしょうから、
本屋さん、編集部、営業部(販売部)の役割を。
※企画があれば(売れそうなら)繋ぎます☆

 

◆担当編集さん
本づくりの9割は著者と編集さんの、
基本二人三脚です。残りの1割で、
校正さん、表紙のデザイナーさん、
挿し絵のイラストレーターさんがからみます。
ゆえに、本づくりの過程では基本、
デザイナーさんたちとは会いません。
メチャクチャ売れたら飲み会で会えるかも?
という、東京ちっくな感じで進みます。
福岡なら確実に全員集まって、
2回くらい飲み会があります(笑)。
今回の編集さんは前に少し書きましたが、
Hさんといって、立教の10歳上の先輩で、
メチャクチャ良いお兄さんでした。
私の潜在能力を引きだしてくれる感じ。

 

◆本屋さんと営業部(販売部)
意外かもしれませんが、
本屋さんの置く位置(ポジション)は、
実は出版社の営業さんではありません。
ある程度の営業はあると思いますが、
本屋さんの置く場所を最終的に決めるのは、
その棚の担当者であり、書店の店長です。
基本は紀伊国屋のKINOKUNIYA PubLineなど、
データベースから売れ筋が、
平積みやフェア台にライナップされますが、
それでは個性がないので「チョイ足し」を
するのが書店員の役目だといえます。

 

例えば、今回の私の新刊は、

紀伊国屋⇒精神世界・宗教
丸善⇒精神世界(スピリチュアル)
ジュンク堂⇒旅行ガイド、神社コーナー
ブック1st ⇒精神世界
三省堂⇒開運・占い

東京都と福岡県でのリサーチ。
各店舗(N=2以上)合計(N=31)。
おかれている棚がバラバラでした。


「ヘイ!ジュンク堂さんよ!
そこに置いても売れないだろー!」という、
ツッコミ&仮説は2か月分くらいのデータが、
キャッチできたら編集部に乗りこみます。笑

 

また、WEBでは前著と同じく、
「Amazonの1強」といっていい状態です。
その次が紀伊国屋web、楽天、hontoなど。
100冊売れたとして、90冊がAmazon、
残りの10冊がその他という感じ。

あと、書店に置かれる期間ですが、
セオリーは「105日」といわれています。
ただ、これも店員さんの判断なようです。
まあ「3カ月は置いてみて判断」でしょうか。

 

ちなみに、これを書いている途中、
西南学院高校の同級生、
小野大先生から速報が。
三省堂東京駅一番街店では、
最初2冊?しか、なかったのが、
小野くんが知り合いに、
オススメしてくれたらしく「平積み」に、
昇格していたそうです(写真参照)。
『小学一年生』『アンパンマン』と並ぶとは!笑
持つべきものは、友達あります。

感謝&アーメン。

 

 

 

| マネジメント/雑談 | 21:12 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | このページのトップへ
映画『はじまりへの旅』 試写会。

4月1日公開の『はじまりへの旅』を観てきた。

原題は "Captain Fantastic" なので、

「変えすぎだろ〜」と思いつつも、

話題作なのでワクワク。

http://hajimari-tabi.jp/

 

ネタバレしないように結論を先に書くと、

「観て損はない内容」といえる。

 

映像美は良いし、キャラもそれぞれに濃い。

資本主義国家の物質世界と、里山主義のような、

二項対立のように描かれているが、

まあ、分かりやすくしたのだろうから問題ナシ。

 

ただし「そこんとこ、どうなのよ!?」と、

根拠が不明瞭な内容も多かったので、

観てスッキリというよりは、

観終わった後も「考えさせられる内容」といえる。

 

ちょっと、サバイバルナイフが欲しくなった(笑)。

 

 

JUGEMテーマ:映画

| マネジメント/雑談 | 00:15 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | このページのトップへ
なぜ「デキル人」は教え方が下手なのか?
ブラジル代表サッカーのネイマール選手の脳活動を調べ、
その活動領域を検査したのは脳情報通信融合研究センターの内藤先生。

※その記事

http://eetimes.jp/ee/articles/1409/26/news036.html
http://mainichi.jp/sports/news/20140724k0000e050243000c.html




JUGEMテーマ:学問・学校
| マネジメント/雑談 | 13:38 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | このページのトップへ
ターミネーター・ジェネシス!
シュワちゃん、復活!





| マネジメント/雑談 | 21:14 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | このページのトップへ
Shooting!!!
ひょんなご縁で、
とある人気ドラマの最終回の撮影に、
エキストラとして参加してきました!
よほどのことがない限り、ガッツリ映ると思います。汗
医療ドラマで術前カンファレンスのシーン。
私の顔を知っている方は、
TKO木下の後ろの後ろあたりにご注目ください。

オンエアは最終回で、12月18 or 25日が濃厚です。

ひょんなご縁でしたが、
この撮影に参加したのは宿命だと考えています。

なぜなら、
主演の米倉涼子さんと私は同い年&同じ誕生日だからです。笑
彼女が頑張っていると私も負けてらんねえ!と勝手に奮い立ちます。

さらに、
共演している鈴木浩介さんは高校の1つ上の先輩(しぇんぱい)。
高校は福岡県の西南学院高校といいます。
ちなみに陣内孝則さん、松重豊さんもOB(alumnus)です。
まあ、キワモノがでやすい校風なのは否定はしません。笑

では、ネタバレに気をつけて感想をば。

まず、ADのガキがクソ生意気で若干イラつきました。

エキストラは、俳優の卵?みたいな人も多く、
40代、50代のオヤジも多くいました。
そのオヤジたちを無下に扱う感じがムカつきました。
「なんや、その物言いは!」と。
ADは何人かいたけど、マスクをしている男ね。

まあいいでしょう。
冷静にいきます。

エキストラとしてテレビドラマに出演する
appear as an extra in a TV Drama


前置詞は「inですよ!」と、
英語ブログの役目を果たしつつ、
各俳優さんの印象を書きます。笑

これはもう、凄いですよ。
日本のトップクラスの俳優陣と一気に共演できたのですから!
朝7時半にテレ朝に入り、15時過ぎに終わる長丁場でした。
長い時間、同じ空間(至近距離)にいましたし、
休憩の合間にお話しできた方もいましたからね、超貴重な体験☆

ではいきましょう。

◆北大路欣也さん
セリフが激ムズ&激長いでNGを連発しましたが、
その後、我々にも謝ってくれ、かなりナイスな爺さんです。
大物俳優とはまさに北大路さんみたいなオーラなのでしょう。

◆西田敏行さん
どこまでが台本で、どこまでがアドリブが分かりません。
まさに天才系のそれでした。もしもピアノがの人ですね。

◆遠藤憲一さん
顔は濃く、怖いですが西田さんの演技に常に笑わされていました。
気持ちがピュアな方なのだと感じました。

◆勝村政信さん
「ビートたけしの元気がでるテレビ」にでていた人のイメージですが、
生で観ると意外にカッコよかったです。50歳とは思えません。

◆鈴木浩介しぇんぱい!
休憩中、話かけると「おおー!マジ−!」と声を裏返らせて、
反応してくれました。記憶には残ったはずです。笑
本日、誕生日だったようでおめでとうございます。

◆渡辺いっけいさん
西田さんのアドリブ演技に負けない演技力はプロのそれでした。
彼をあのポジションで使うこのドラマは贅沢ですねえ。
いっけいさんといえば、救命病棟24時のパート2での、
医局長が思い出されます。実にお見事でした。

◆高畑淳子さん
昭和の一時代を気付いた名女優オーラ満載。
西田さんのアドリブに翻弄されながらも、
その演技力たるや、まさに本物を感じました。
カットがかかった後の、お茶目な感じも◎

松島花さん
私は身長が182cmあるのですが、
目線がほぼ同じでした。調べると173cmで8頭身!
まさに、いるだけで現場に花が咲く感じでありました。

◆ヨージ・シュナイダーさん

私は人よりデカいので、隅っこの方に座り、
素人枠で見学がてら、テキトーにやるのだと思っていました…。
んが、全然違いました!汗。最初は隅っこだったのですが、
すぐに1つセンターに寄せられ(誰かと間違ってない!?)、
セリフこそありませんが意外にやることが多く、
カメラもガンガン向いていました。
多分、どこかしら登場する(映り込む)可能性大。

米倉涼子さんナシのシーンなので、
お会いできなかったことだけが心残りですが、いつか会えるでしょう。

「東京の観光コンテンツの1つになるのではないか?」と思って、
潜入し、経験させてもらったのですが、
ADのポスピタリティがクソすぎるのでダメですね。あれは。
しかしながら、トータルとしては良い経験になりました。



ギョイ!!!







JUGEMテーマ:日本のTVドラマ
 
| マネジメント/雑談 | 17:07 | comments(1) | trackbacks(0) | - | - | このページのトップへ
Snazzy!!!
フロリダに住む、友人の新居。
本人は、
Our new apartment downtown-ish! といっておりました。

Cool!とか Super!!などと発言する人が多い中、

Snazzy!(スナジィー)

といっている人がいました。

砂爺!!?

そりゃ子泣きだ!砂はババアだろ!とも思いましたが、
どうやら、アメリカ独特の「スゲエ!」みたいです。
マジメに英語学習をしていては絶対出会わない語彙かもしれません^^。

江戸風にいえば「粋だね!」
博多風にいえば「ばりすご!」でしょうか(笑)。

ちなみに、
アメリカでは引っ越した後、近隣住民が「誰やねーん?」という歓迎系で、
「向うから」「勝手に」やってきます。島国、日本人のように、
「このたび、隣に引っ越してまいりました〜です」と完全に逆ですね。
食料なども近隣住民が持ってきてくれ、パーティーで振る舞われます。
まあ、文化的にパーリーピーポーなわけですな。

 






JUGEMテーマ:英会話

| マネジメント/雑談 | 18:11 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | このページのトップへ
シュナイダー VS インチキ外国人!!!
最終電車をなんとか捕え、ほろ酔いで先ほど帰宅しました。
そこで、軽く事件が勃発!!!

電車を降り、10人以上乗れるエレベーターに、
2.3人しかいなかったので乗り込みました。
すると外国人が「スミマセン、袋がツブレマス!」という発言。
「広いし、お前が下がればいいだけだろ?」という状況で、です。


「ああ?(怒)」と思ったシュナイダー氏でしたが、

そこは紳士なシュナイダーさん。
エレベーターの中で他の人もいるので紳士に対応。
しかし、降りた後は話が違います。

おい、ちょっと待てやコラア!!!!!


Hey, you!!!


In this case,
you should stay back cuz it is spacious enough,right?
(形容詞→enoughの語順が大事/酔いの中、文法解説するシュナさん偉い!)
ld2elkd;2elmd;lme;w:eck:2ec,:;e,ldm2;!!!!!!!!!!


いかにもマニアックで日本をナメた感じの外国人だったので、
一発カマしてやり、怒涛の攻撃を仕掛けました。
なんかいったら「嫌なら国に帰れボケエ!」も用意していましたが、

その外国人、
「ナンデスカ?エイゴですか?」と返してきたので、
超丁寧に日本語でガツンと言うと「ワカリマセン・・」と応戦。
このパターンは、99%明らかに負けを認めないイギリス人です。
たたみかけるように英語と日本語のバイリンガル高速DJ放送で、
言い負かし、圧勝で帰ろうとしました。

しかし、ここでめげないのが大英帝国。

私が帰ろうとすると、

「チョ・チョット、マッテクダサイ!」

「あーん?」と戻る、完全に酔っ払いのシュナイダーさん。
「アナタノ目、充血シテマス!」とハイレベルな日本語をカマして、
そのインチキ外国人は走り去りました。


こういう日本人もたまにはいていいと思いませんか、お客さーん!(><)/


◆まさにこの状況(笑)



JUGEMテーマ:外国語学習
 
| マネジメント/雑談 | 01:11 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | このページのトップへ
超メンドイ外国人カラノメール。
今、手伝っている(手伝わされている?)外国人エージェント案件。
一応、フォトグラファーとは名乗っていますが、
不法入国者っぽい感じがしないでもない(笑)。

と、申しますのも2度目のメールにこんな表現があったから。

The subject matter is kinda touchy so・・

kinda というのは kind of なのですが、
しっかりとしたビジネスマンなら親しい相手以外には、
kindaなどメールで使いません!!!
しかも、1度お会いし、2度目のメールでこれです。

日本がナメられないためにも、
絶妙に断ろうと思います。

何度も書きますが、日本に来るアメリカ人は、
本国では通用しないマニアックな人の確率が高いのです。

それを「うわあ、ガイジンさんだあ」と崇めがちな日本人。
日本人は英語は使いこなせませんが、
頭脳自体は「世界最強レベル」なので自信を持ちましょう。





牙突・零式!!!








JUGEMテーマ:外国語学習
 
| マネジメント/雑談 | 09:39 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | このページのトップへ