運気良好。テストも実践もデキル人に。Biz英語/観光経営
Profile
Search this site.
Books
英語名言集 kkgs.net
英語名言
MOBILE
qrcode
Others
【霊能強化】飲み会時のテリトリー意識と県民性。

降霊術や多次元世界への交信を、

「チャネリング」なんていったりますが、

そこまで怪しく難しく考える必要はありません。

 

なにせ「チャンネルを合わせるだけ」ですから。

テレビで日常的に行う、1chはNHKで〜、

4chは日テレで〜、6chはTBSで〜と同じ。

ラジオの周波数、81.3 J-wave!なんかも同じ。

 

ただ、それを機械や電子器具を使わず、

生身の人間だけで行えるのが霊能者だったり、

超能力者だったりするわけです。

 

まあ、

身に付けても楽しいことばかりではありませんが、

得することも少なからずあるので、

少しトレーニング方法を書いておきましょう。

学生たちから面白半分で聞かれますが、

ググって何でも浅く広く知れる今の世の中、

実は大事なことかもしれないと思ったからです。

 

簡単に書いてしまうと、

 

「他者を理解(共感)する」です。

Empathizing with someone's concern and anger over every feelings!

 

これがまさに、

「チャンネルを合わせる」だといえます。

Tuning in one's channel to see crucial episodes of people!

 

例えば、これは飲み会の席でかつ、

県民性を理解すると容易に理解できます。

もちろん100%ではありませんが、

観光の研究者としてインタビューし、

サンプル数(N)が増えてきて、

このことは「ほぼ確信」になりました。

まあ、論文には書けないネタですけどね。笑

 

 

★以下の想定をイメージしてください。

 

場所:飲み屋さん

 

以下の2つのグループが、

東京都内の飲み屋で隣り合わせで飲み会をしています。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

グループA(博多を中心とした九州人)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

グループB(仙台を中心とした東北人)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

両グループとも楽しく飲んでいると、

なにやら、グループB(東北)で、

おめでたいことがあったようで、

「おめでとう!の祝福モード」に。

 

Bとの境界線にいた、

グループA(九州)にいたタカシくんは、

九州ノリでグループBに対し、

「おめでとうございます!」と元気に挨拶。

 

すると、

 

グループB(東北)は、ガチギレ。

 

どういうことかというと、

「お祝いゴト」とはいえ、

タカシくんが、断りもなく土足で、

テリトリーを侵してきたからです。

 

つまり、

 

九州人は多少無礼でも、

 

その場のノリ > 礼儀

 

なのに対し東北人は、

 

礼儀 > その場のノリ

 

と、ここでは結論付けます。

 

単なる県民性ネタみたいになってきましたが、

霊能トレは、ここからが大事です。

 

多くの九州人は、

「なんだよ、東北人は心が狭かばーい!」と逆切れします。

 

一方、東北人は

「九州人は、野蛮だわ!」となります。

 

この県民性摩擦は意外に「でる順A」の「あるある」ですが、

 

相手の育った場所や、

過去の時間を深く味わえるかが「カギ」になります。

 

そして「相手のことを理解する」という、

「チャンネル」ができた時、

あなたの霊能/感性は一気に上がるでしょう。

ここでは、たまたま県民性ネタでしたが、

これは幽霊だろうと、

UFO(宇宙人)だろうと同じだと思われます。

したがって墓地や事故現場では憑かれる可能性があるので、

被害者(幽霊)に同情してはいけません。

(チャンネルを合わせてはいけません)

 

これが、チャネリングの基本の1番手です。

 

 

余談;

 

私は、地元がガチガチの博多出身なので、

若かりし頃は「なんだよ、東北人は心が狭かばーい!」と、

上記のように思っていました。

 

しかし、

福岡に住んでいた時間、

東京に住んでいた時間が人生で半々になり、

海外にもいくつか住ませていただいたり、

学生たちの能力を上げていく立場にたまにつくと、

「生まれた場所の風習や文化は結構、影響あるな」

と思いました。

 

そして、

観光経営における研究者として東北など行くと、

話している言語は同じでもメンタリティーは結構違うのを、

肌で感じました。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【Step1】

生まれた場所の風習や文化を形式知にして理解

 

【Step2】

まったく違う風習との摩擦と理解(心拡大)

 

【Step3】

チャネリング能力アップ!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

このセオリーだと思われます。

現在時間の人々にチャネリングできないような人が、

大昔や未来の人に合わせる霊能(チャネリング)が、

できるはずありませんね。

 

しかがって、

いつも傲慢で威張りちらかしているような霊能者は、

「ほぼインチキ」と結論づけていいのかもしれません。

大人になったなら「超能力がなくなる人が多い」のは、

この煩悩やエゴの類とも関係しているような気がします。

 

 

 

JUGEMテーマ:パワースポット

| 神域(パワースポット) | 14:08 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | このページのトップへ
お盆の正体と神社の関係。

お盆休みのシーズンど真ん中。

『開運したければ〜』の影響で、

いろんな質問が矢継ぎ早できてる。

 

星野リゾートの星野さんと同様、

観光経営&市民レベルでの国益のために、

国民全体で集中させず「分散休暇しなさい!」と言いたいが、

8月は「スピリチュアルな時間帯」の側面ありで、

この場を借りてお答えしておきたい。

 

「お盆休みは神域には行かない方がいいのですか?」

 

お答え。

 

基本、行っても全く問題なし。

むしろ、早朝は気持ちいい。

 

日本のお盆休みは、

 

・夏で暑いから→夏休みの原理(イベント発生)

・戦後(被爆日)の月日と、ほぼ被ってるから

・お盆は基本、新興仏教が由来(親鸞さんの浄土真宗)

・オリジナル仏教国では日本のお盆のような習慣ナシ

・稲川淳二が活躍する時期だから(幽霊)

 

これらの「重なり」で日本独特のスタイルが出来上がった。

精緻に書くなら『盂蘭盆経』(うらぼんきょう) とか、

「盂蘭盆法要」がいわれるものが発祥かと思われます。

 

 

なので、

 

神域(特に神道系)は、あまり関係ありません!!!

 

 

まれに、世田谷区の吉田松陰の神社を祀る、

松陰神社みたいに「真横が墓地」みたいなとこはありますが、

基本は気にしなくていいでしょう。

 

また、裏付けとして、

私が信頼する、いわゆる能力高め、

本物系の「超能力者」「霊能者」に聞いてみたところ、

 

・粒子が集合する可能性はあるが直接の関係性は疑問

・人間の集合意識で、幽霊シーズンにしてるだけ

・確かに来るっちゃー、来るけどいつも来てるし

 

など、霊能視点では「あまり特別な感じ」は受けませんでした。

むしろ、年末年始や旧暦のお正月を意識した方がいいとのこと。

 

個人的には、

夏は多くの植物のエネルギーがMAXに達するので、

「神域に行きまくって貯金すること」をオススメしたいですね。

 

首都圏でしたら、

 

・川越氷川神社(縁結び風鈴!)

・江の島神社(日本三大弁才天)

・白笹稲荷神社(関東三大稲荷)

 

このあたりは「夏」超オススメです。

 

※写真は、まあ、いろいろとある貴船神社(笑)。

 

JUGEMテーマ:パワースポット

| 神域(パワースポット) | 17:41 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | このページのトップへ
やりきった感(笑)。

新刊の感想や新たなお誘いを沢山いただく。

 

おそらく、

予想以上に着々と売れているのだろう。

しかし面白いことに、

そういう感想やオファーが増えていくにつれ、

「やりきった感」が重なっていく。

 

つまり、

新しいオファーへのヤル気がでない(笑)。

 

現代の本(book)の在り方は昔と違い、

「本を宣伝替わりにする人」も多い。

しかし、私の場合は研究者の性なのか、

「本や論文を書いた時点で情報精度はMAX」なのである。

もちろん、その後に課題が見つかれば、

追続の応用研究としてプログレスということもあるが…。

 

そもそも、

 

『開運したければこの神社に朝、一人でお参りしなさい。』

 

を書いたきっかけは、

 

独自の理論構築の前段階として、

「この業界(精神世界/スピリチュアル)は、

テキトーなこと書いたり、話してる人が多いのに、

市場が安定しているなぁ」ということである。

 

もっといえば、

「こんなテキトーなこと書いて、

売れるんだったら俺が書いた方がよかろうもん!(博多弁)」と、

業界を10年、20年進めるつもりで書いてみたのである(笑)。

 

他にもUFOみたり、

様々なミラクルが起こった。

この「後押し」が、まさに神がかっており、

神様が「だったら、書いてみなさい!」と、

言われた気がしたのではなく、

確実にそうとしか思えなかったので書いたのである。

 

まさに機が熟した時に書いたイメージ。

なので執筆作業中は「新情報を調べて書く」というより、

 

1.伝わるように、面白く書く

2.これまでにないような神社本を書く

3.科学的な要素を分かりやすく説明する

 

この「3つ」に注力できた。

1.2は達成できたが、

「3」は全力では書かず、

ちょいと抑えて、極力カットしたり、

編集さんとの話し合いでカットした。

 

で、この記事で何が書きたかったかというと、

「3」を追加で書けそうな、

新たなオファーの企画書サンプル原稿を、

そろそろ書きあげないといけないということである。

 

もう少し待ってください(笑)。

 

感謝。

 

 

 

 

JUGEMテーマ:パワースポット

| 神域(パワースポット) | 06:15 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | このページのトップへ
本には書けなかった、本格的な疲労回復法。

スピリチュアルとはいえ、

それを生業にビジネスをしている人がいるので、

「もったいぶる」というプロセスが入ります。

 

英語学習に比べて「ヒミツな感じ」がありますので、

「もったいぶりやすい」というのもあるでしょう(笑)。

ただ、安易に教えすぎてもいけないもの確かにあります。

 

しかしながら、

さまざまな神域(パワースポット)研究で出会った、

本物の能力者さん、密教系の高層の方が教えてくれた、

疲労回復テクニックは実にシンプルなものでした。

 

 

1.海に入る(浸かる)

2.山登りをする(山頂で1泊する)

 

 

大別すると、この2つです。

1の海は、海水(塩水)で、

2の山登りは、山岳修験道など、

まがまがしい名前もありますが、

ようは自然のエネルギーを取りこむわけですな。

 

これは「ごく自然に近い形での疲労」で、

ズドーン!と泥のように眠れることに帰結しているでしょう。

 

夏休み。

田舎のおばあちゃんの家で全力で遊んだ夜、

信じられないくらい爆睡できませんでしたか?

まさにアレ。

 

ちょいと大人になると、

パソコン疲れ、うぇいうぇいした遊び、

見栄を張るだけのパーティーなど、

自然ではない疲れは沢山あります。

 

本格的に疲労回復&リフレッシュしたければ、

自然に触れて、全力で疲れなさい。

 

次回作か(笑)!!?

 

 

JUGEMテーマ:パワースポット

| 神域(パワースポット) | 22:07 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | このページのトップへ
サイキッカーが多い街。

青森県にはイタコ、

沖縄にはユタといった民間霊媒師がいます。

ただ、そっち系は政治経済の中心とはいえず、

概ね、代々続く…みたいのが本物です。

 

あとは、あまり語られませんが、

警察官もよく、行方不明者の捜索や、

犯人を追うべく民間霊媒師を利用しています。

引退した刑事とかが特に教えてくれます。

UFOも、引退した大手航空会社のパイロットとかが、

「いるに決まってるっしょ」と、教えてくれます。

 

これを「引退した人は教えてくれるの法則(笑)」といいます。

 

しかし、こういうのは個人的に面白くないですし、

日常的に生活している分にはあまり関係ない気がします。

 

どうせならもっと、日々を健やかにする、

自分のオリジナティ能力を上げるべく、

サイキックな能力を使いたいところです。

 

日本には、そういう場所があります。

 

・大隅良典

・内村航平

・新庄剛志

・川崎宗則

・ホリエモン

・孫正義

・タモリ

・松田聖子

・MISIA

・浜崎あゆみ

・井上陽水

・橋本環奈

 

などなど

 

上記の県の出身者、または深く関わった人は、

ちょっとした能力者が多い気がします。

 

実は上記のエリアは自己破産率も高いのですが(笑)、

これもまた、守りに入らず、

クリエイティブに生きようとした結果、

ともいえるのではないでしょうか。

 

 

 

久々に観ると、やっぱ濃いかー!

よかろうもん!!!山笠があるけん、博多たい!!!

 

 

 

 

JUGEMテーマ:スピリチュアル

JUGEMテーマ:パワースポット

 

| 神域(パワースポット) | 19:13 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | このページのトップへ
「超能力」を体験した際の注意点。

超能力者は、

ざっくり書くと「持つチャンネル数が増えただけ」なので、

神様でも仙人でもないということです。

 

現に、

ユリゲラーに見出された超能力少年/少女には、

コントロールできず、麻薬をヤってしまい、

前科者になった人も何人かいます。

 

つまり、

何かしらの超能力があるからといって、

必要以上に「自分を特別な人」と思いこんでしまい、

見栄やプライドなどが過剰に表にでてしまって

社会に適合できない人は厳しいということです。

 

こういう人は個人事業主が向いています。

美味しい料理屋さん、ラーメン屋さん、画家、作家、

アクセサリー屋さんなど、他者が持たない独特の感性で、

何か「見えるもの」へのアウトプットですね。

ビジネスのセオリーを学び、

アウトプットを磨けば、かなり成功する確率は高いです。

なぜなら(誰もが持ちたい)独特の感性が既にあるからです。

 

具体的なことを1つ。

ヒーラーとして、人に元気を与える自身がある人は、

「お寿司屋さん」は超オススメです。

パワーを直に入れてお客さんを元気にしてください。

今、海外で働くビザは寿司職人は簡単にでます(特に米国)。

 

 

よほど自信がある方を除き、

霊能者として商売をしてはいけません。

 

なぜなら、2017年現在、

医師のように国家資格ではないので、

どうしてもインチキに寄りがちになるからです。

 

ここは頑張ってください。

途中で幽霊や生霊が見えても頑張って下さい(笑)。

 

ただ、

どうしても公に「霊能力者」として仕事をしたい場合、

道がないこともないです。

 

2つのルートを教えておきましょう。

 

 

1.高野山大学

 

2.SAGB

(The Spiritualist Association of Great Britain)

 

です。

 

1も2も、

能力が磨かれてくると、

特殊班の方々が勝手に見つけてくれて声をかけてくれます。

何も起こらなかったら、霊能で商売してはいけません。

 

少し霊験と能力があるだけでは、怖い憑依とか起こり、

原因不明の重篤な病気になったりしますので気をつけて。

 

ひぇーーー!!!

 

 

『開運したければこの神社に朝、一人でお参りしなさい。』
 

 

JUGEMテーマ:スピリチュアル

| 神域(パワースポット) | 18:51 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | このページのトップへ
戦略的「超能力」のススメ。

新刊の反応を、ボチボチ見聞きするようになった。

概ね高評価で嬉しいのだが、こんな質問も多い。

 

大別すると2パターンある。

 

1.超能力、教えてくれくれパターン

「先生!いろんな超能力者や霊能力者に会ったんですよね!?

前世は何でした?何か能力つきました?教えて下さい!」

 

2.神妙に自らの「霊験」を教えてくれるパターン。

「実は昔、※※を見まして…。※※の奇跡が起こりまして、

実は隠してるんですけど…。」

 

この2パターンである。

 

1は、秘儀秘伝を聞きたがる、

esoteric questions で、

esoteric means:

known and understood by only a few people who have special knowledge about something

 

 

2は、シークレットな身の上話、

secret life narratives とでもいおうか。

 

鈴木ちなみに、esoteric という英単語は、

英検1級、論文でも結構でてくるあまり、

日本の英単語本には載りにくいネイティヴ英単語である。

 

 

1.超能力、教えてくれくれパターンへの回答

これを実践的に変化させる場合、即効性があるのは、

「嫌な人(気が悪い人)を見抜けるようになる」だろう。

神域(パワースポット)巡りによる効果は、

自然との同化(プチターザン)、

リラックスが初期現象なので特別なことをせずとも、

「なんか、この人は違う」というのが分かるようになる。

「どう違うか?」と言語化できるかは別として、

「明らかな間違い」に気付きやすくなる。

意外に地位が高く、偉いといわれる人でもダメだったりする。

ここが磨かれて、もう1stage上がると、

「まだ芽がでてないけど良い気の保持者だな」というのも、

分かりやすくなる。つまり「当たり人」が予期できる。

これは、ビジネス(取引)相手や、

良い先生を見つけるのに役立つだろう。

ただ、それ以上の開発は現段階ではあまりオススメしない。

いろいろと「覚悟」と「時間」と「お金」が必要だから。

まあ、知らないこともないけれど、

どうしても怪しくなるので、そこまで言いたくない(笑)。

 

 

2.神妙に自らの「霊験」を教えてくれるパターンへのお答え。

これ、実は日本人が好き好きトークの1つ。

これがあるから、稲川淳二や号泣の島田秀平くんなど、

スピ系な芸人の食い扶持があるといっても過言ではない。

「怖かった体験」「神秘体験」を語ってもらい、

分析を求められるパターンはそこまで嫌ではないが、

 

嫌なのは「引き込み」のパターンである。

この場合、ワタクシの見解は「so what?」という視点を、

常に持ってほしいということ。

 

・幽霊を見たことがある。

→ so what?

 

・UFOを見たことがある。

→ so what?

 

・吉祥天を見たことがある。

→ so what?

 

・スプーンを曲げられる。

→ so what?

 

・最近、異様にツイてる。

→ so what?

 

様々な霊験のストーリーテリングは、

再現性と何かしらの効果性を同時に語れないと生産性がなく、

単なる団地妻の会話と変わらないのではないでしょうか。

こういう、何の戦略性も実践もない話だけ好きな人は、

相手を怖がらせて?神秘体験で、チャンネルを替えさせ、

自分を信じ込ませようとする(引き込もうとする)、

インチキ霊能力者のパターンで個人的に避けたくなる。

つまり「分かりやすい効果」が確認できない、

しにくい人は「ほぼインチキ」と思っておくくらいが丁度イイ。

霊感商法に騙されないコツ(特効薬)は、

 

 

→ so what? (だから何?)

 

といえるでしょう。

 

ただし、サイキック能力は人間は誰でも持っている能力なので、

「わたし、そういうのないんですよ〜」という人は少し勿体ないので、

「明らかになるまで誰にも言わない」くらいが丁度いいかと。

 

新刊を書くにあたって、

明らかに怪しい霊感セミナー、

超能力セミナーにも行きまくりましたが、

質疑応答の時間(Q & Aの時間がない人も多し)で、

ほぼ1番に手を挙げて「so what?」を丁寧にして、

的確に答えられたのは「2名だけ」でした。

この2名は「1人はやっぱりね!」で、

もう1人は、個人的に、かなり意外な方でした。

まあ、こういうのが足を使った捜索による、

本には書けない「お宝情報」なわけですな。

 

でも、ヒントはメチャクチャ書いてます(笑)。

 

『開運したければこの神社に朝、一人でお参りしなさい。』
 

 

 

JUGEMテーマ:パワースポット

| 神域(パワースポット) | 18:21 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | このページのトップへ
【図解】 御神木(パワーツリー)ブログ上、講義!

ガラガラ〜(ドアを上げる音)

 

文字だけでは伝わりにくい講義をしていきましょう。

 

では、P173 を開いてください。

 

使うデバイスはこれです。

本気の方はポチっといきましょう(笑)。

【flir one】http://amzn.to/2pdg42A

 

001a.jpg

 

この元画像を、

FLIR ONEの熱視線で見ると…

002b.jpg

 

おおー!!!

 

003c.jpg

 

詳述すると、ネタバレになりますので、

本書 P173 を読んでくださいね〜。

 

 

※売れ行き好調で、

Amazonでは品薄が続いておりますが、

売れるところにドンドン配置されていくはずなので、

まだゲットされてない方は、大手書店を中心にどうぞ。

 

 

【出版社のWEBページ】※店舗の在庫確認ができます。

http://www.kawade.co.jp/np/isbn/9784309226972/

 

 

JUGEMテーマ:パワースポット

| 神域(パワースポット) | 19:19 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | このページのトップへ
なぜ、長崎は「神域」の新刊を書いたのか?

予期していたことはいえ、

新刊リリース後の反応が面白い。

 

-----------------------------------------

(学生)

「長崎先生、スピリチュアル好きだったのですね!」

 

(後輩)

「ヨージさん、今までこの能力、隠してましたね?」

 

(人生の先輩&教授)

「神社、詳しかったのですね!知りませんでした」

 

(同僚)

「新しい才能、みせてくるねー」

 

(友)

「ヨージがいつも運が良い理由が少し分かったわ」

-----------------------------------------

 

などなど。

 

正確にいうと、

幼少期からそういう能力?は多少あったが、

「こんなん、誰でもある能力だろう」と思って、

気にしていなかった。

幽霊は視えないし、何かに憑かれたこともないし…。

 

あるとすれば、

未来における「絶対的な確信」は今でも結構、降りてくる。

ただ、降臨させ方が分からない(笑)。

 

今だから書けるが、パチンコ台は結構わかって、

学生時代は3日で50万の利益をだしたことがある。

ああ、この台の大工の源さんは生きてるな…みたいな(笑)。

何度もいうが、自在性がない。

 

ただ、感覚をガンバッテ筆舌するなら、

タバコ臭いパチンコ屋の中にあっても、

「滝のマイナスイオンを感じるような時」は、

ほぼ100%で勝てる。

 

しかし、ロジカルに説明できないことをタテに、

人に言いたくはないのだ(洗脳みたいになるから)。

 

とはいえ学生時代、

出版社でアルバイトをしていた頃、

怪しげな占い師の先生取材に同行していた時、

私の方をじーっとみて、

 

「あなた、こっち側の人だね。

トレーニングすれば開花するわよ」

 

といわれて、

 

「きもっ!&こわっ!」

 

 

という経験がある。

 

というのも私が幼少期、母がそういうのが好きで、

福岡で一番といわれる鑑定士に私を見てもらった時、

「まったく同じこと」を言われていたからである。

 

確かに、

人間は全ての潜在能力を使えていないというし、

仮に使えるようになったとしても、

他人が見えないことが視えると苦しいだけではないか?という、

インスピレーションがあった。

 

小泉元総理がいった「鈍感力」は、実に味わい深い。

 

ビジネスマンとして働きだした、20-30代は、

スピリチュアルとは無縁の日常であったが、

副業で競馬雑誌『競馬王』の連載をしたりして(今思えば予知トレ)、

実は、まったく離れていなかったと思われる(汗)。

なぜなら、密教(真言宗)には、

予知(ギャンブル)のトレーニングもあるらしいからである。

 

リーマンショック後、

勤務していた外資系企業も、あおりを受け崩壊状態。

パッケージといわれる、やや多めの退職金を貰いうけ、

そのお金を元に大学院へ。研究することが面白くなって、

いろいろやってると、優秀な友のアドバイスで、

アメリカ、国費留学行きへのチケットをゲッツ。

学んだジャンルは「観光(経営)」である。

これは2010−2011年の頃で、

まだ東京五輪も決まっていなかった。

 

「生き方そのもの」が予知ってたパターンである(笑)。

 

で、アメリカの最新の観光経営学を学んだわけだが、

1冊目の『おもてなしの未来図』に書いたように、

日本の観光業界は、かなり時代遅れなので、

帰国後、いろいろ講義をしても一部にはウケても、

大多数は、お口ポカーン…だった。

なぜか、TOEICとか英語を教えて人気がでるハメに。

(英語を教えている多くの人は、

英語を使った実務経験がないことに違和感アリ)

 

しかし最近は、

時代が私に追いついてきており(笑)、

いろんなオファーが増えてありがたいことであるが、

私も日本人なので何か観光関連で、

日本のことを奥深く学ぼうと思った。

なるべく日本国民、全員がフワっと上がって、

良くなるような命題で。

 

それが、神社などのパワースポット、

つまり「神域」のテーマである。

 

ここでようやく、新刊へと話が接続される。

つまり、封印を解こうと決断したのである。

 

しかし、今、思い返せば、

2016年11月くらいに「神域(パワースポット)」について、

本を書こうと思い(閃き)、すぐに良い出版社に決まり、

2017年3月には、もう本屋に並んでいる。

 

この過程とスピード感は、

個人的にはちょっとしたミラクルである。

 

それでもまあ、

執筆者本人にミラクルが宿り、

「開運している人」もしくは、

「開運のノウハウを熟知している人」でなければ、

だだの妄想本となって効果が期待できないわけで、

そういう意味では、理に適った本といえまいか(笑)。

 

極力、怪しいことを書くのが嫌いな筆者が、

懸命にロジカルに解説したスピリチュアル本として、

認識していただければ、これ幸いです。

 

表紙の「朱色」は、

神社の鳥居に見られるように、魔除け、結界の色です。

1冊だけでなく、2冊3冊と多く買えば買うほど、

そのエネルギー値は上がります。

 

いやホントに(笑)。

 

 

『開運したければこの神社に朝、一人でお参りしなさい。』
 

 

 

JUGEMテーマ:パワースポット

| 神域(パワースポット) | 01:11 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | このページのトップへ
著者あるある。

本屋に並び出して1週間が経った。

ありがたいことに、
ほとんどの大きな本屋さんで平積み。
同時に「立ち読み人」にも結構、遭遇する。

 

 

サクっと読んで、
クスっとして、
ガッ!っと2冊持ってレジに行く、
社長風のナイスミドル。

 

こういう方には、

「放送席、放送席〜、
こちら、拙著新刊を見事、
一瞬の判断で2冊買われた天才さんです!
いや〜、お見事でした。買いの決断理由は?」と、
ヒーローインタビューしたくなる。

 

一方、
手に取って2-3行、読んで、
首をかしげ棚に戻す鉄道オタクみないな人
「どこが悪かったんやー!」と、
囲み記者会見を開きたくなる。

 

まあ、いろいろ面白い。
既にバテててるが(笑)、
せめてGW前までは、
できる範囲で著者も宣伝がんばル。

 

前著もそうだが、
書き終わった後、本屋に並ぶ頃、
著者は一番、疲労困憊タームなのである。

 

店舗の売上はまあまあだそうで、
後は 「王様のブランチ」や、
雑誌や新聞の書評に掲載されれば、
初動&初速としてはパーフェクトである。
(ミラクルを信じる・笑)

 

マスコミ関係者の皆様、
どうぞ、よろしくお願いいたします!!

 

『開運したければこの神社に朝、一人でお参りしなさい。』
http://amzn.to/2kYPo3H

 

 

JUGEMテーマ:パワースポット

| 神域(パワースポット) | 20:39 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | このページのトップへ