運気良好。理論も実践もデキル人に。Biz英語/観光経営
Profile
Search this site.
Books

英語名言集 kkgs.net
英語名言
MOBILE
qrcode
Others
ネイティヴが不自然に感じる日本人の英語!

前回の内容(チャネリング)について、

「なかなかコアな情報ですね!」と数人からメッセージ。

「超マイルド&ライト」に書いたつもりなのだが…。笑

 

さて、

今回は「ネイティヴが不自然に感じる英語」に、

スポットを当ててみます。

 

これまでビジネスで使ってきた実践英語や、

某外資系企業に勤務していた時、

「英文チェッカーさん」なる人がいて、

明らかなポイントを発見しました。

そのあたりをシェアします。

 

こういうポイントは、

「英語を美しい日本語にする」という、

目的の日本の英語教育、

文科省プログラムではカバーしずらいところでかつ、

英語学習において超大事です。ではいきましょう。

 

 

Not をなるべく使わない!

 

「日本人は否定文が好きだよねー」と、

友人のネイティヴにいわれたことがあります。

おそらくこれは中学英語の早い段階で、

「疑問文の作り方は〜!」

「否定文の作り方は〜!」と習うからだと思われます。

しかも、超簡単で覚えやすいので刷りこまれています。

 

 

・次の日本語を英語にしてみてください。

 

【日本語】

ダイヤモンド・カードをお持ちでないお客様には、

スペシャルランチを提供できません。

 

 

10秒!

 

 

【想定される日本人英語】

If you don't have…

 

 

 

NO WAY!!!!!!

 

 

 

日本語に盛大に引っ張られていますねぇ(笑)。

ネイティヴは、99%でこう言う(書く)でしょう。

 

◎ネイティヴ(発想の)英語

 

Only customers with Diamond Cards can eat the special lunch.

 

もしくは、

 

The special lunch is for Diamond Cards only.

 

この2パターンが濃厚。

 

 

ネイティヴにとって不自然にならない一番の攻略法は、

 

「英語ネイティヴ(知識人)が使った言い回しをそのままパクる」

 

これがベストです。

具体的には「ニュース記事の英語」や「大学教授が使う英語」で、

まったく別の記事(人)が同じ表現を使っていたら、

間違いなく「自然なネイティブ英語」と思って良いでしょう。

 

そういう表現を見つけたら全力でメモり、

自分のモノにすることをオススメします。

 

 

 

JUGEMテーマ:外国語学習

| 英作文 | 09:42 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | このページのトップへ
英作文で使えるフレーズ【05】☆ブルゾンちえみテク with AB

ある日、学生から、こんな質問を受けました。

 

「シュナイダー先生!TOEFLのエッセイで、

文字数を稼げるテクニックを教えてください」というもの。

 

「はあ?」とも思いましたが、

これは、とどのつまり英単語は沢山知っていても、

使える英文構造が少ない日本人パターンです。

 

ただ、見方を変えればTOEICのような小手先英語ではなく、

英語そのものに向き合う、非常に良い視点&質問だと思い、

その時は、2つ教えました。

 

1つは、

「〜は理にかなっている(当然である)」という、

主張を〆るラストパラフレーズの文頭に使える、

 

 it stands to reason that S V ブラブラ〜】

 

は、結構ネイティヴっぽい書き方です。

訳は「SがVなのは理にかなっている」ですね。

もう1つ。

 

◆it follows from X that S V ブラブラ〜】

「Xのことから、SがVなのは理に適っている」もいいです。

ただ、Xが冠詞と名詞1語だと△諒がいいかもしれません。笑

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

もう1つ。

これは、受験英語や教科書では「付帯状況のwith」(汗)と習う、

「付帯状況ってなんやねん!」と、忖度(そんたく)ばりに、

日本語がややこしいパターンです。

シュナイダー方式は、付帯〜とかいいません。

 

 

【完全文 with A+B】「AがBの状態で」

 

 

これで【B】の部分が自在だ!と教えます。

完全文を適当に書いていただき、

withを後付けするだけ。これだけで

 

「AがBの状態で」という意味の便利な英語機能になります。

大事なことなので繰り返します。

これは、意味不明な文法用語ではなく、

超絶に便利な「英語の機能!」なのです。

 

例文&解説です。

 

◆Don’t talk with your mouth full.

口にものを入れたまま(の状態で)話してはいけない!

 

with

【A】your mouth

【B】full

 

で、便利に使いこなすためには、ここからが大事。

 

【A】はシンプルに名詞をブチ込んでおけばいいのですが、

 

【B】が自在でして、

形容詞

副詞

前置詞+名詞

分詞(現在分詞でも過去分詞でもOK)

 

この4パターンを【B】のポジションに置くことができます。

 

Don’t talk with your mouth full.

 

Sara was standing with her coat on.

(サラはコートを着て立っていた)

 

Bob stood up with his hat in his hand.

(ボブは帽子を手にして立ち上がった)

 

Yoji sat on the sofa with his legs crossed.

(ヨージは脚を組んでソファに座っていた)

 

読解でも役立ちますが、先の学生に教えたテクニックは、

【B】の部分には、

 

「 with A + B(前置詞+名詞)の名詞句」と使え!です。

 

文字数をかなり稼げますからね(笑)。

「with A+B(前置詞+冠詞+形容詞+名詞)」といけば、

「4文字」なりますし、もっとヤラしく攻めれば、

 

「with A+B(前置詞+冠詞+形容詞+名詞) which V 目的語)」

 

と関係代名詞を足すことも可能です。

もちろん「分詞」でもいいのですが、

現在分詞にするか?過去分詞にするか?で迷った場合に面倒なので、

「前置詞+名詞」の方が、

語形ミスでの減点をされる可能性を排除できるでしょう。

 

というわけで、

 

【with A+B】は文の要素にならない「副詞句(味付け)」なわけで、

自由度が高いわけです。

 

この、便利なwith A+B の英語機能で【B】を使いこなせれば、

ライティングだけではなく、

読解にも英会話にもusefulになります。

 

 

 

 

JUGEMテーマ:外国語学習

| 英作文 | 01:50 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | このページのトップへ
英作文で使えるフレーズ【04】☆ポジティヴwords!

英作文、特にエッセイなど、

まとまった量を書く時「〜は大事だ!」と意見を述べ、

「important のオンパレード」になる人がいます。

 

はい、大学2年次のワタクシです(汗)。

 

ネイティヴの先生に「YOJI、論旨はいつも明確でいいけど、

使ってる語彙が同じの多すぎるよ」と言われました。

これは、いわゆる言い換え(パラフレーズ)ではなく、

バリエーションのレベルだと思います。

 

そこで当時のYOJI少年は、

「英作文に使えそうな ポジティヴword一覧」を作りました。

これが効果テキメン、ボクイケメン!でしたので、

シェアしておきます。

 

下記は意味が分かるのではなく、

「反射的に書けること」が大事です。

さすれば会話にも役立ちます。

 

 

◆重要だ!系

・vital

・essential

・crucial

・beneficial

 

◆理想的だ!

・be ideal for 

 

◆適切だ!

appropriate

 

◆期待が持てる!

encouraging

 

◆一貫性がある!

coherent

 

◆望ましい!

desirable

 

◆著しい進歩

remarkable progress

 

JUGEMテーマ:外国語学習

| 英作文 | 17:49 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | このページのトップへ
英作文で使えるフレーズ【03】☆stir

【03】stir

「かき混ぜる」「引き起こす」

:to move a liquid or substance around with a spoon or stick in order to mix it together

:to move slightly, or to make something move slightly

【解説】イメージは螺旋の「グルグル」です。stirは「コーヒーの中の砂糖をかき混ぜる」みたいに物理的にも使えますし、感情や議論を「引き起こす」みたいに広範囲で使えますので知っておくと超絶に便利です。

 

 

 

 

【英訳してみよう!】

 

彼の神社参拝法について書かれた本は、読者の感情を大きく揺さぶった。

 

 

 

【日本語→英語】

 

【30秒】

 

 

【シュナイダー例】

His book regarding a method of praying in shrines stirred great emotion to readers.

 

【ワンポイントピッチ】

stirは、料理本と英字新聞にメッチャでてきます!読み手をあおる炎上商法とかも stir でますのでお楽しみに。

 

【文字数稼ぎテク(2回目)】

His book regarding a method of praying in shrines which are connected with a holy event or holy person, and that people visit to pray stirred great emotion to readers.

 

 

JUGEMテーマ:外国語学習

| 英作文 | 17:10 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | このページのトップへ
英作文で使えるフレーズ【02】☆overcome

002.overcome

「克服する」

to successfully control a feeling or problem that prevents you from achieving something

【解説】overcomeの目的語か主語には99%「困難」にちなんだワードやフレーズが来ます。エッセイでは、最初の意見や最後の結論で〆るのに便利です。

 

 

 

【英訳してみよう!】

 

エミちゃんは、もちろん合格祈願のため神社に参拝したが、良い弁護士になるため自身の不利な状況を克服した。

 

 

 

【日本語→英語】

 

【30秒】

 


 

【シュナイダー解答例】

Emi visited shrines to pass the examination of course,however she had overcome the disadvantages of her background to become a successful lawyer.

 

 【小技テク】

good と中学単語は使わず、やたらと、successful/successfullyを意識的に使う。TOEICでも多いでしょ(笑)。

 

【英作格言 

動詞はシンプル、形容詞/副詞はオシャレに彩る。

 

 

JUGEMテーマ:外国語学習

| 英作文 | 16:33 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | このページのトップへ
英作文で使えるフレーズ【01】☆utilize

いきなりですが我々、

日本人が英作文を書くシーンはどういう時でしょうか。

これには主に2パターンです。

 

1.仕事上でのEメール

2.資格試験などでのエッセイ

3.その他(友人にメールなど)

 

1は、比較的「あるある」であり、参考書籍も多くあります。

一方、2は「書き方」の本はあるものの、

「フレーズ集」は少ない気がします。

量が多くないことと、

書籍として書かれてみれば「ああ、それね」となって、

「歯ごたえがないから」だと思われます。

 

しかし、いざ書けるか?となると話は別。

そいうわけで「意味は分かるけど書けない、使いこなせない」

にフォーカスしていくのが本コーナーです。

 

英作文が書けると、

スピーキングにも生きます。

 

 

001.utilize

「利用する」「活用する」

to use something for a particular purpose

【解説】makeとかgetなど基本単語で攻める手もありますが、どうせ書くならカッコいい頻出英単語がいいと思うので初手は「utilize」から。

 

 

【英訳してみよう!】

 

神社は心身の浄化にも役立ちます。

 

 

【日本語→英語】

 

【30秒】

 

 


【シュナイダー解答例】

We can utilize shrines as a means to refresh our mind and body.

 

【ワンポイントピッチ】

「浄化する」は、サンクチュアリ(聖域)の動詞形 sanctify(サンクティファイ)というのも良いですが、パッとは思いつかない単語でしょう。そういう意味では、clean up でも問題ナシ。野球の3−4−5番はクリーンナップといいますが、走者をホームベースに返してベース上を綺麗にしますね!meansは複数形ではなく、meansで「手段」という意味での「単独の単語」になります。なので、a means で問題なし。means of X での使用も多いです。utilizeと相性がいい名詞です。

 

【文字数稼ぎテク】〜関係代名詞で「神社」を説明する!

We can utilize shrines which are connected with a holy event or holy person, and that people visit to pray as a means to refresh our mind and body.

 

 

 

こんな感じで「77パターン」を書いていく。

 

 

JUGEMテーマ:外国語学習

| 英作文 | 16:13 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | このページのトップへ