July 2020  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

TOEICハイスコアなだけでは、当然にビジネスでは通用しません。

ちょっと「現実」のオハナシ。

日本人(特に学生諸君)が勘違いしているのは、
TOEICができればビジネスでも活躍できるんだ!という幻想。


英語能力とビジネススキルは比例しません。


日本語と英語ができたら「狙える的の数」が増えるので、
確率的に就職するための選択肢が広がるというだけのことです。

真実は、
今までの仕事のスペックに「英語というレイヤー」が乗るだけということ。


また、日本にある欧米系、外資系企業のビジネス現場は「戦場」です。



こういうシーンは週に1回あれば良い方です(いやマジで・笑)。


実際は、こんな感じだったり、




こんな感じです。




私は、スーパー既得権の日系大企業と、
外資系企業の両方に勤務したことがありますが、
「ペースそのもの」が違います。

リーマンショック後、日系企業に逃げていましたが、
それでも尚、外資の仕事に戻っているのは、

「達成感」と「ビジネススキルの上昇」が、そこにはあるからです。


TOEICで英語ができるようになった後は、
TOEICスコア取得とは比にならない、


「楽しい修羅の道」がそこにあることを覚悟して下さい。


楽しいと書いたのは、
修羅を超えれば、若くして年収1000万円前後は普通の現象だからです。

ゆとり世代など言っておりますが、
お金は体力であり、あるに越したことはないのです。

TOEIC小説とかで騒いでる輩をみていると、
「ぬるい世界で生きてやがんな」と思ってしまうのが正直な感想です。

英語をベンキャウして、
世界に挑む(日本を強くする/守る)か、
英語を陰険に内輪だけで楽しみ、
英語コンプレックスな人々の身銭をむしりとるか。


日本人の英語学習は今、いろんな意味で分岐点のような気がしています。



JUGEMテーマ:TOEIC攻略

comments

   

trackback

30日で英語耳になる方法

このページから1名の方が購入されました。 今日は、「30日で英語耳になる方法」...

  • 知恵ノート
  • 2013/04/21 10:48 AM
pagetop