運気良好。テストも実践もデキル人に。Biz英語/観光経営
Profile
Search this site.
Books
英語名言集 kkgs.net
英語名言
MOBILE
qrcode
Others
<< 久々に良い英語本をみっけた! | main | デルタのセーフティビデオ。 >>
ヤらしい、Part1の目線。
TOEICのPart1の全10問中、5番を過ぎたあたりから起こる現象があります。


「そこが答えかい!」という、

言ってみれば、ヤらしい視点(注目点ずらし)です。


for example, this!
A TGV Lyria in Switzerland

こんな写真が出題されたとしたらば、
あなたの目線はどこをロックオンしておきますか?







思考時間10秒









解答のポイントは、
カッコイイ電車でも、美しい湖でも、壮大な岩壁でもなく、



 赤線で囲った場所!  だったりするわけです。



Ans. Tress run alongside the train tracks.


みたいな(笑)。

run alongside 〜 (〜と平行に走る)
train tracks (線路)


ちなみに、線路で思い出したのですが、

「話が脱線する」という表現を、
1つでも覚えておくと、ビジネス英会話でも役に立ちますよ。
雑談から相手をリラックスさせて、話戻しフレーズ。

  • get off the track
  • wander off the topic


(使用例)

「(雑談)ということで、おっぱいは、Aカップより、Dがいいよねー!
oh I apologize to getting off the track
(話が横道にそれてスミマセン)」




本記事のまとめ。

Part1の後半は「視点ずらし」に対応&反応しましょう。


A TGV Lyria in Switzerland



これ、某アンニョン最新模試の10番、類似問題なので、
まんま同じようなのがでるかもですよ(笑)。

チャル プッタクハムニダ!


JUGEMテーマ:TOEIC攻略
 
| TOEIC Part1 | 10:21 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | このページのトップへ
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック