運気良好。理論も実践もデキル人に。Biz英語/観光経営
Profile
Search this site.
Books

英語名言集 kkgs.net
英語名言
MOBILE
qrcode
Others
<< TOEICは「英語力」+「グググッ!」っと感が必要。 | main | 東大寺 法華堂 不空羂索観音像! >>
TOEIC Part7の教え方。
TOEIC Part7の授業を、
「ワンショット(90分)」の授業で教えるのは非常に難しいです。
ワタクシの経験的に「90分×5コマ」あれば情報は伝え終わる感じ。
※解いてもらう時間を含む。

Part7には「概ね10種類」の問題に分岐できると私は考えています。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
01.全体を問う問題
02.細部を問う問題
03.ほのめかし問題(suggest/imply/indicate/mention)
04.NOT問題

まずは、これらがSPとDPにあるので ×2=8種類です。

さらに、DP専門の問題として、

09.クロスリファレンス問題
10.語彙問題(文脈から同一語句を選ぶ問題)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

この中で問題を解く際、
処理が遅れる(反応が遅くなるのが)、

03.ほのめかし問題
04.NOT問題

この2種類になります。

しかしながら、
こんなことを知ってても問題は解けるようになりません。

もっと、深くまでえぐることが必要になります。
そこでオススメしたいのが、TOEICで出題される、


03. ほのめかし癖


04. NOT癖
  を「軽く」知っておくことです。



「言い換え(パラフレーズ)」なんてーのは当たり前ですから、
物理的な場所や、正解になりやすい選択肢の単語、
間違い選択肢になりやすい単語などを知っておくということ。

私は『死神の経典・地獄特急』を執筆する前に、

ほのめかし問題だけ約200問
NOT問題だけで約100問   ほど、

公式や過去問コピー系の韓国模試で研究してみました。
すると、本文を読まずして「2択まで」は、
9割の確率で絞り込めるという特殊能力がつきました(笑)。

それでも『死神の経典・地獄特急』 に書かなかった理由は、
あまりにアナーキーであるし、
「所詮は2択までの攻略法」だったからです。


03. ほのめかし癖


04. NOT癖



このパターンを抽象度を上げて、
7パターンづつ調べてみてください。



自分で!← これが最も大事。


この手続きを終えて、
模試を2-3回、こなしていくと、
処理スピードにが圧倒的に速くなり、
正答率は飛躍的に上がります。


ヒントは、

・選択肢の単語数
・正解にならない選択肢に入っている単語のパターン
・正解になる選択肢に入っている単語のパターン
・本文中の物理的な照合場所パターン
・4つの選択肢の文字数比較

このあたりにしておきましょう。







JUGEMテーマ:TOEIC攻略


| TOEIC Part7 | 05:05 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | このページのトップへ
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック