運気良好。理論も実践もデキル人に。Biz英語/観光経営
Profile
Search this site.
Books

英語名言集 kkgs.net
英語名言
MOBILE
qrcode
Others
<< ヨージ・シュナイダーのレガシー(TOEIC編)。 | main | 日本人の「9割」は初詣に行く! >>
TOEIC990までの道のり期間。

先日、この記事の同級生が、

ついに、990満点をゲットしました。

http://toeicto.jugem.jp/?eid=515

 

彼は満点を目指して5年かかったそうです。

出身高校は偏差値70オーバーの進学校。

 

もう1人。

 

同じ大学で教えている、U杉先生は、

学習院大学の英文科卒だったと記憶していますが、

彼女も満点まで3年ほどかかりました。

 

つまり、基礎力があって、

元々ふつーに英語ができても、

990までは3年はかかるようです。

 

ヨージ・シュナイダーという人は、

実は IPで1回だけ990とりましたが、

「ほとんど見たことがある過去問(笑)」だったので、

「なんだかなぁ」と思って公開しませんでした。

それでも3.5年です。

 

次に、

 

一発990系の方々を。

 

バイリンガールのちかちゃんは、

記憶が確かなら一発でとりました。

あとは、上智大学の外国語学部英語学科出身で、

ソニーミュージック時代、

ジェニファー・ロペスなどを担当していた今西由加さんは、

一回目で985でした。

今は起業されています。

http://curio-japan.com/corporate.html

 

こういった方々は、

学生時代に日本でいうと英語の偏差値75〜がありますね。

 

以上のことから、

 

「最初にとるTOEIC990」は、

英語能力というよりも、

もっと別の校正能力、

編集能力みたいなことが大事な気がします。

 

翻って900オーバーなら、

1ー1.5年以内で達成されることが多いです。

 

これで、

「900取ったらTOEICは卒業しよう!」の根拠が、

さらに強固になりました。

 

世の中からみたら、

900も990も、あまり変わらないので、

その時間とお金を別のところに回したほうがいいでしょう。

 

 

 

| TOEIC | 20:59 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | このページのトップへ
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック