テストも実践もデキル人に。Biz英語/観光経営
Profile
Search this site.
Books
英語名言集 kkgs.net
英語名言
MOBILE
qrcode
Others
<< 本屋業界の分析とマーケティング | main | 「学芸員は癌」に対するボスの神コラム! >>
「英語の本」はレッドオーシャン市場。

「英語のノウハウ本」は、

シュナイダー・ブランド(笑)で、

kindle本で沢山だしてますが、

「お遊び感覚」だから面白いのであって、

問題と解説をつけて〜、CDつけて〜みたいのは、

個人的には微妙です。

 

なぜなら、

形式的には「本」ですが、

本質的には「英語の教材だから」です。

 

勘違いした英語の先生が、

読み物系の本をだしても売れないのは必然でしょう。

 

なぜなら、

そういう人たちは学術的な研究者でも、

作家でもなく「教材屋さんだから」です。

 

作家さんや研究者とは、

言葉(日本語)の感性と磨かれ方が違います。

圧倒的に。

 

英語の教材が「どれも似たり寄ったり」だと感じるのは、

おそらく閉鎖的な「教材屋さん」に、

頼らざるをえないからでしょう。

 

しかしながら、ちゃんと探せばよい感性をもった先生もいます。

 

松本秀幸さんをご存知でしょうか。

 

JAL出身の松本さんは、

メンタル的なコーチング能力もあり、TOEICも満点です。

 

本書はかなり良書ですが、タイトル付けがミスっています。

英語全般のパワーアップ方法が書かれています。

是非!!!

 

『TOEIC®テスト 満点コーチング』
 http://amzn.to/2ppluKV 

 

英語本というレッドオーシャン市場では、

先生と呼ばれる「教材屋さん」が、

地味にヒットを狙う市場になっています。

 

松本先生のような人が英語業界でもっと有名になれば、

実践的な「使える英語」のマスターも増えると思います。

 

ヨージ・シュナイダーさんも、

松本先生クラスの本が書ける自信がでたら、

物体の新刊にもチャレンジしたいと思います。

 

 

物体の本では、教材屋さんにはならないぞ!笑

 

 

JUGEMテーマ:ビジネス

| マネジメント/雑談 | 21:43 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | このページのトップへ
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック