運気良好。理論も実践もデキル人に。Biz英語/観光経営
Profile
Search this site.
Books
英語名言集 kkgs.net
英語名言
MOBILE
qrcode
Others
<< アメリカ英語とイギリス英語を端的に教えてくれる神動画。 | main | 「ノー英語DAY」を無くす難しさ。 >>
TOEICはボケ防止になる!?

久々に某M教授と遭遇。

ニヤニヤしながら近づいてきました。

 

「いやあ長崎君、いやシュナイダー先生、

TOEICはボケ防止になりますね(笑)!」

 

M教授は国際経営学部の先生で、

査読付きの英語論文も多く執筆されています。

 

どうやら、大学のIPテストを、

学生に混じって受けたのだそう。

スコアは905だったらしいのですが、

Part2の連射問題で「は?」と、

空白の時間ができたといいます。

また、Part7の後半は英語云々というより、

飽きてきたとのこと(笑)。

 

 

Part2の「空白」。

 

オシッコ我慢大会?になるPart7。

 

 

めっちゃ分かります(笑)。

英語が分かる分からないの問題ではなく、

Part2/7は集中力、意地、気合い、

悲壮感、ガムシャラ&遮二無二感。

これが確かに大事ですよねぇ。

 

Part2は、

難問でも「10-15問」くらいなら、

全問正解できる自信ありますが、

今は「20→25問」に増えているそうで、

ますます英語力と関係ないやん!

と思ってしまうわけです。

 

ただ、オトナになって教授みたいに偉くなると、

 

ガッ!!っと半強制的に2時間集中する機会は、

あまりないですから、M教授のいう、

ボケ防止という視点は言い得て妙かと思います。

受け終わった後は運動後のような感覚があります。

 

 

結論:

TOEICは過去問が3−4割使い回される、

インチキちっくなテストだが、

暇つぶしで受ける分には面白い!!!

 

 

 

 

JUGEMテーマ:外国語学習

| Biz 英語 | 18:06 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | このページのトップへ
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック