運気良好。理論も実践もデキル人に。Biz英語/観光経営
Profile
Search this site.
Books

英語名言集 kkgs.net
英語名言
MOBILE
qrcode
Others
<< 英語の連語(熟語・コロケーションなど)の棲み分け。 | main | 英語 で 分数。 >>
「suffer from X」 は苦しんでない!?

義務教育の英語、間違ってるシリーズ!

 

中学生くらいで習う suffer from X について。

 

ほとんどの日本人は、

「苦しんでいる」という和訳で習ったと思いますが、

これは多分、間違っています。

 

ロングマン英英だと、

 

★suffer【単独】:

to experience physical or mental pain

 

ですし、

 

前回の記事で紹介した、

必殺のロングマン

Longman Phrasal Verbs Dictionaryで調べると

 

★suffer from【phrasal V】:

to have an illness, especially a serious one

 

 

で、目的語は確かに「病名」が多いですが、

gene mutation「遺伝子の突然変異」なども多く、

日本人が主観的に思う、

「苦しむ」というニュアンスはありません。

もっというなら「苦しんでいるとは限らない」のです。

 

和訳を当てるなら、

「患う」「そういう状態になる」「こうむる(被る)」

というのが結論です。

 

昔は、今ほど身近にかつ、医学的に、

「遺伝子実験」などありませんでしたから、

少し英単語にも「ズレ」が生じているのかもしれません。

 

英語の記事やジャーナルを読んでいると、

<suffer from「苦しむ」>では、

意味が通らないことが多いので私は偶然に気付けましが、

中学のテストから必須の suffer from問題は、

意外に(地味に)大きな問題かもしれません。

 

 

英語の単語帳の良しあしを判断する際、

中学校時から当たり前に習ってきた、

「suffer from X」の箇所をみると、

「著者の英語能力」が分かるかもしれませんねえ。

TOEICだけの講師など怪しいのでお気をつけください。笑

 

 

 

 

JUGEMテーマ:外国語学習

| Biz 英語 | 00:58 | comments(0) | - | - | - | このページのトップへ
コメントする