運気良好。理論も実践もデキル人に。Biz英語/観光経営
Profile
Search this site.
Books

英語名言集 kkgs.net
英語名言
MOBILE
qrcode
Others
<< 改めて「文型」を考える人(4文型)。 | main | 英語講師の新時代!? >>
改めて「文型」を考える人(5文型)。

SVOC「Sが、O=CだということがVする」

 

OとCにも(SV関係がある!)。

 

これが基本系。

 

 

ただ、ですねぇ〜。

 

 

受験英語で登場するような、

「無理やりSVOC」は論文を含めても、

そこまで多くない気がします。

 

多い(よく見るのは)のは、

 

--------------------------------

S make it possible to do

 

■ cause/allow 人(モノ) C(to do)

--------------------------------

 

圧倒的にこの形が多い気がします。

 

例えば〜

 

--------------------------------

 

Yoji makes it possible to learn English with hyper speed!

(ヨージは超ハイスピード英語学習を可能にした)

※it は to 以下を受ける(that 以下をSVにしてもOK)

 

Her behavior caused me to laugh.

(彼女の振る舞いが私を笑わせた。)

 

--------------------------------

 

このあたりでしょうかね。

 

英語長文の内容一致問題では、

複雑にし、因果関係を作りやすいので、

「5文型に答え直結のヒントがある」という、

受験英語の伝統パターンは覚えておいた方が良いでしょう。

 

 

 

さて、

冒頭で「あまり登場回数は多くない」と書きました。

だからといって全く無いわけではありません。

(4文型も同じです)

 

1つの英文記事に対し、

「8−9割が4−5文型で占められている」

こういうのが、ほとんど無いという意味です。

 

つまり、1−2割は必ずあります。

 

単調さを消す「スパイス」的に。

 

したがって、IELTS/TOEFL/英検での英作文では、

意識して「4-5文型は1つづつ」は、

入れた方がいいということになります。

それが「ネイティヴぽい英作文」になるからです。

 

 

以上、改めて「文型」を考える人でした。

 

 

JUGEMテーマ:外国語学習

| 英文読解 | 02:33 | comments(0) | - | - | - | このページのトップへ
コメントする