運気良好。理論も実践もデキル人に。Biz英語/観光経営
Profile
Search this site.
Books

英語名言集 kkgs.net
英語名言
MOBILE
qrcode
Others
<< 改めて「文型」を考える人(5文型)。 | main | CM英語でベンキャウ。Air Canada: Travel Like a Canadian >>
英語講師の新時代!?

これは英検準1級以上、IELTS6.0以上への、

「中上級者向け」へのアドバイスです。

 

英語ほど「先生の実力」が関わる科目というのは、

あまりない気がします。

この理由は言葉であり専門性であり、

「実践」と直結しているからでしょう。

 

お国ぐるみの副業化推進の動きで最近、

私の友人たちにも「英語を教える人」、

「準備している人」が増えてきました。

 

そんな彼ら、彼女らは、

初TOEICで「くそ!985だった!」ですとか、

「今のTOEFL難しくなってる!100いかなかった」

「英検1級2回目で受かった!面白い!」など、

英語学習者が聴くと、

ちょっと歯ぎしりしたくなるような感じかも(笑)。

 

しかしながら、

普段から英語を使って仕事をしていたり、

研究していると、このレベルは当たり前なのです。

 

しかも彼ら彼女ら(一応私も・笑)は、

実践経験が豊富なので、

「例えばこんなシーンで使いますねぇ」ですとか、

「ほうら、この契約書でこの表現を使ってます」など、

「使う前提」や実例で教えてくれるので、

学習者に対する英語エネルギーの伝達が、

スムースになっているように思えます。

 

「英語なんて、早くできちゃいなよ!」みたいな。

 

和合と融和のエネルギー。

 

一方、

今までの英語の先生のほとんどは、

どちらかというと、

「先生がいかに英語ができるか」の、

間接的な自慢?マウント?

のような言動が多く、

んなこと、どうでもいいから教えて!

 

と、言いたくなるような方が散見されました。

 

この辺はいつかまとめて語りますが、

今後は英語講師の質の流れが変わるでしょう。

 

ちょっと楽しみであります。

 

JUGEMテーマ:外国語学習

 

| Biz 英語 | 13:04 | comments(0) | - | - | - | このページのトップへ
コメントする