運気良好。テストも実践もデキル人に。Biz英語/観光経営
Profile
Search this site.
Books
英語名言集 kkgs.net
英語名言
MOBILE
qrcode
Others
馬鹿にできない "sound” イロイロ用法。

映画 "sound of music" でお馴染み、

中学レベルの単語「音」という意味のサウンド。

「音をたてる」は make a sound で、

That sounds nice!(よさげだね!)でも、

英会話本ベーシックレベルであります。

 

そんな sound ですが、

 

実は、めっちゃ奥深いのです。

 

まず、以下を英語でいえますか?

 

 

 

「音は光よりもゆっくり伝わる」

 

 

 

10秒!

 

 

お答え。

 

 

Sound travels more slowly than light.

 

 

sound travels「音が伝わる」です。

Google先生で "sound travels" の文字列は、

「41,6万ヒット!」ですから、

ネイティヴにとっては「日常語」といえそうです。

travel が「伝わる」という動詞で、

パッっとサイデリアで出てきた方、

かなりお見事です。

 

 

しかし、これは序の口。

十両、前頭、三役といくには、

もうちょっと知っておかねばなりません。

 

 

sound out X

X(本心・考え・腹を)探る

※Google先生 50万ヒット!

 

sound off

〔意見・不平などを大声で〕はっきりと[ずけずけと]言う

※Google先生 130万ヒット!

 

safe and sound

(無事に)

※Google先生 2000万超ヒット!

※アメリカ人、めっちゃ言います

※歌にもあります

 

英語を普通に使えるレベルなら、

ここまで知っておきたいところです。

 

 

あとは「海峡」とか「測定」みたいな意味もあります。

 

sound を、

もっと、横綱レベルで知りたい方は、

ココ(和英)とか、ココ(英英)へ!

 

 

 

JUGEMテーマ:外国語学習

| 語彙力増強 | 22:19 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | このページのトップへ
コロケーションは「英語の生命線」です。

前回の記事の続きを書こうかとも思いましたが、

文字だけで伝えるのはムズいのでカット(またそのうちで…)。

 

今回は「コロケーション」のコツをご紹介します。

 

コロケーションとは「相性が良い英語のフレーズ」です。

大きく分けて「2パターン」あります。

 

パターン1:動詞+名詞(目的語)

パターン2:形容詞+名詞

 

パターン1は『雑草のフレーズ』で解説しましたのでここでは割愛。

今回は「パターン2」をいきたいと思います。

 

例えばこんなの英語でパッ!とサイデリアで言えますか?

 

1.政局安定

2.政治的なイザコザ

3.経済繁栄

4.人権保護

 

 

 

 

20秒!!!

 

 

 

 

1.political stability  (Google先生 84万hits!)

2.political strife    (Google先生 38万hits!)

3.economic prosperity(Google先生 320万hits!)

4.the protection of human rights

(Google先生 2090万hits!)

 

 

と、こんな感じ。

 

「ネイティヴが使う一般的なフレーズ」を意識する場合、

最低でも「"フレーズ"順で指定検索して5万hitsはほしいトコロ。

4番:the protection of human rights みたいく、

5単語と長いのに、ヒット数10万超えるようなフレーズは必須。

 

しかし、2090万て!!!

 

ちなみに、

2番は "political conflict" でも「61万ヒット」あるのでOKです。

 

 

市販の参考書なら

この辺りは持っておいても良いのではないでしょうか。

 

 

◎TOIEC800以下/英検2級以下

『英語コロケーション辞典』
 http://amzn.to/2gDyvhG

 

◎TOEIC805以上/英検準1級以上

English Collocations in Use : Advanced 
http://amzn.to/2iUeTXp

 

 

 

 

JUGEMテーマ:外国語学習

| 語彙力増強 | 17:20 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | このページのトップへ