運気良好。理論も実践もデキル人に。Biz英語/観光経営
Profile
Search this site.
Books

英語名言集 kkgs.net
英語名言
MOBILE
qrcode
Others
TOEIC 不動産/物件問題。
TOEICでは頻出問題と言っていい「不動産」の問題。
公開テストでは3回に1回は「確実に1セット」きっちり出題されます。
Part3/4/5/7と自在に登場するのも特徴でしょうか。

問題のアルゴリズムは、

必ず「物件」が登場することです。

それが「買い」なのか「リース」なのか「developer」なのか。
内容は「広告ー営業−物件探しの途中」と、この3つの場合が多め。
経験値では「developer」は、正解選択肢にはなりにくいです。

developer:
a person or company that makes money by buying land and then building houses, factories etc on it:

という感じで「話の規模が大きめ」だからす。
よって、正解になるにはPart7で文章が長めのアリコ問題や、
格式ばった英文ではないと「developer」は厳しいといえます。

よって、以下のような「英文の量」では、
「買う」か「借りる」ための広告かなと思うのが即決判断の材料です。
海外生活が長ければタイトルの「SPACE AVAILABLE」だけで、
「はい、賃貸問題!」とあたりをつけられますが、
見慣れない方は「読む」必要があり、leasingで決めたいトコロでした。

宅建を一応、保持しているワタクシ的には「不動産の誇大広告!?」と、
宅建のクリティカル・エイジに引っ張られ、
英文を必要以上にじっくりと読みがちになりますが、
そこは「英語のテスト」と割り切ってライトな読みで通過したいところです。





※出典はコチラのどこかです(笑)。



※TOEICに、でてきがちな不動産に関する英単語

◆acre
エーカー。1エーカーは約4047屐¬1200坪。

◆appraisal
鑑定。real estate appraiserは不動産鑑定士。

◆attic
屋根裏部屋のこと。

◆building code
建築基準

◆commission
仲介料、不動産手数料。

◆condominium
日本のマンションに相当する共同住宅。
購入して所有することも、一時的に借りることもできる。

◆eviction
立ち退き。eviction orderは立ち退き命令。

◆exclusive right to sell
専属選任媒介契約のこと。

◆furnished
家具付きの物件のこと。

◆ground lease
建物を含まない土地の賃貸借のこと。

◆junior four
ダイニング付きの広めのワンベッドルーム。

◆lessee
賃借人、借主。

◆lessor
賃貸人、貸し主。

◆retirement village
高齢者用住宅。Retirement homeとも言う。

◆sewer fee
下水道料金

◆walk-up
「エレベーターなし」の意味。

◆studio
ワンルームマンションのこと。(←意外でしょ笑?)



不動産問題は「ほぼパターンが同じ」なので、
ガッチリとスコアにしておきましょう。

不動産回りの問題、
「物件探し」「引っ越し」は、

ETSのTOEIC出題アルゴリズムに組み込まれているのは、
ほぼ間違いありません。




JUGEMテーマ:TOEIC攻略
 
| TOEIC Part7 | 19:09 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | このページのトップへ
TOEIC Part7 warranty と procedure 問題。
Part7で難問の定番といわれるアリコ(article)問題。
スヨン先生のコレとか濃厚な記事問題が多いのですが、



昨年あたりから難問(というか答え探すのに手間がかかる)として、
保証書(warranty)と手続き(procedure)問題が増えてきました。
warranty問題は「冷蔵庫の問題」で昨日も出ましたし、
procedure問題は「引っ越しの荷造り」とかででます。
(ダンボールには必ずシール貼ってよね!とか)

で、今後は、


・記事(article)
・保証書(warranty)
・手続き(procedure)



この3本柱が、往年の「斎藤ー槙原ー桑田」のローテのように、
我々の前に立ちはだかるでしょう。




昨日、登板してきたのは、

・保証書(warranty)でした。

ぶっちゃけ、海外にいても普段、読まないですし、
何なら日本語のでさえもあまり読まないでしょう?
クーラーやテレビ買って、マニュアルの部分は読むかもですが、
「説明書の最初の部分」なんて読まないでしょう。

それが、でるんですねえ、TOEICジャイアンツは。

特にワタクシの場合は、
ゲームの説明書さえも読みませんから、
こういうのは「反応が遅れがち」になります。

しかし、対策はバッチリチリ足で、していました。
昨日Part7の本文中に、このフレーズがあったのは反応できましたか?


 null and void 〔法的に〕無効の


・That card is null and void and won't be accepted anywhere.
: そのカードは無効なので、どこでも使えません。


はい、昨秋の記事ドーン!
【URL】http://toeicto.jugem.jp/?eid=148


モロ師岡で書いていましたねえ。
時代を先取るニューパワー!
それが「英語のベンキャウ」です(笑)。

ちなみに、今夏リリースされました、ハマーさんのコレ、
P144にも掲載されています。




ちなみにちなみに、

実際の「保証書(warranty)」も見ておきましょう。

「7番」 に注目。
(てか、この保証書TOEIC頻出単語ありまくり。良く見つけたぞオレ笑)



7番の解説

【S】Any attempt
(by an unauthorized person/to repair or tamper with appliance)

【V】shall render

【O】this guarantee

【C】null and void.


(YOJI訳)
----------------------------------------------
我流のオッチャンが修理したりイジったりしたら、
保証は無効だかんな!
----------------------------------------------
※昨日、解説した render もでてくるあたり超ナイス。





TOEICハイスコア(860-900)超を狙う方々、

これからは、


・記事(article)
・保証書(warranty)
・手続き(procedure)


ですよ。

この3本柱を意識して「生の英文」を読んでいきましょう。

てか、記事は新聞読めばいいけど、
英文の保証書と手続きって、どこにあるんだろう(笑)。

WEBで「探しては蓄積」しておきましょう。
※「洗濯のタグ」なども含め、最後に載せておきます。
そして余裕あれば自分で問題もつくってみましょう。



Godspeed!











Tamper Proof Labels






 
JUGEMテーマ:TOEIC攻略

 
| TOEIC Part7 | 03:03 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | このページのトップへ
TOEIC Part7のマネジメント。
TOEIC Part7は、
攻略の側面が沢山あって個人的に考えるのが好きです。

・ビジネス直結の読み
・解法テクニック
・速読
・リテンション
・語彙
・暗号解読
・米国文化を知る
・タイムマネジメント などなど


最近は「Part7のみの攻略本」も多くなってきました。





そんな中、
Part7で、あまり詳細を語られないのが「タイムマネジメント」です。
「1問1分」というような「ざっくり感」で多くの場合、書いてあります。

Part5では「簡単な問題は5秒内、迷っても30秒以上かけない」と、
いうのがセオリーとしてあり、私も賛同するところですが、
Part7は「1問1分」という教え方は大雑把に思えます(攻略レベル低)。


おそらく、

SP 9つの文書・・28問(2/3問3文書, 4問2文書, 5問1文書)
DP 4つの文書・・20問


この13文書で、どこに易しい問題と難問がデザインされているか、
毎回ランダムなので「1問1分」としているのだと思います。
TOEIC本は既にワンパターンなので、こういうとこにチャレンジ、
斬りこんでほしいものです。

チャレンジ本といえば、ロバートヒルキという、
マイク・ベルナルドの兄貴みたいな先生がいます。
彼がTOEIC界に居座っている歴史は長いようです。

彼の近著には「153〜160は簡単」としてありましたが、
そんなことはないと私は思います。
たまに序盤の「2問の問題」でも、さくっと通過できない時があるからです。
このことは、花田先生もいつかのブログで書いていたような記憶があります。

※ちなみに、ロバートさんの本は下記で「立ち読み」できます。
http://e-hon.cloudpages.jp/viewer/asp/9784_327_291044


Part7が序盤からムズい時の多くは「Part5/6が簡単な時」と私は感じています。
過去に2度ほど、13時55分くらいににPart5/6を終えたことがあり、
「今回、楽勝だわ」と思った矢先「ムムっ!」と、カビラ慈英の状態なりました。
(※リスニングの時に、Part5を解いてOKだった時代)

この時、
「TOEICはPartごとに難易度をコントロールしているな」と実感しました。

なので全パートが難しい時は、99% ありません。
たまに全パートを通じて「今回、簡単じゃね?」と思うことはありますが、
それは10回以上受けているので「慣れ」で感覚がマヒしていると思われます。


Part7のタイムマネジメントに話を戻しましょう。

Part7は、SP 9セット、DP 4セット、合計13セットあります。
このセット中には初級者に点を与えるべくの、

「サービスセット」が必ず含まれています。



SP・・9セット中、3⁻4セット(10問/28問)くらい。
DP・・4セット中、1-2セット(8⁻9問/20問)くらい。


この「サービスセットの見つけ方」こそが、
Part7のタイムマネジメントのコアだと私は考えています。


では、それは具体的にどのようにやるのか?
トレーニング方法は?



今月25日からの「メルマガ講義」で書きます。
この攻略、自信アリエール。

フフ(笑)。


| TOEIC Part7 | 07:07 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | このページのトップへ
lack の考え方。
 巷で話題の某書にて。
「うお、そこついてきたか!」というのがあった。


lack


lackは、lack of 〜 で「〜不足」と学校で習う。
しかし、巷で話題の某書では、盲点の意味をついてきた。

lack ≒ Zero を。




ロングマン英英にも、以下のように、or none of itという意味である。

lack [singular, uncountable]
when there is not enough of something, or none of it [= shortage]

TOEICは、確かに、こういう「量の」マニアックなアルゴリズムが好きだ。

例えば昔、

flaw‧less
having no mistakes or marks, or not lacking anything [= perfect]:

flawlessで「perfect の意味」をPart7あたりで問うてきた。
実際のテストでは。complete を選ばせる選択肢だったかな?
その時、ワタクシはTOEIC初心者で、
「はああ?」となったのをよく覚えている。



Lack of inspiration.




巷で話題の某書。





JUGEMテーマ:TOEIC攻略
| TOEIC Part7 | 08:08 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | このページのトップへ
スラスラ読めるだけじゃダメ。
以下の書に関する質問がありましたのでお答え。
そろそろ、こういう定義が曖昧なTOEIC本は止めてほしいのですが。。



Readingスコア295以下の方
まあ良いんじゃないでしょうか。

Readingスコア300以上の方
Part7は、スラスラ読めても解答力がないと意味がありません。
なので読みながらも、チャッカり覚えるリテンションや、
解法、問いのパターン別の自身のニガテを意識したいところ。
350以上の人は単発で練習しても飛躍しないかも。。

Readingスコア400以上の方
ほぼ意味をなしません。
最少単位SP28問連続 or DP20問連続解きをし、
Part7の全体感を掴みながらトレーニングしましょう。


結論。

メガ盛りのメガ模試。




JUGEMテーマ:TOEIC攻略



| TOEIC Part7 | 13:17 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | このページのトップへ
TOEIC限定の速読テク。
メルマガ講義でも改めて書きますが、
TOEICのPart7、完遂の定義は、速く読めることよりも、

「素早く解答して正解する」ことです。

つまり制限時間内であれば、
100のスピードで90個正解するよりも、
90のスピードで100問正解した方が偉いわけです。

で、リテンションなどが重要になります。
そして、これをいつも書き忘れるのですが、今思い出したので書けます(笑)。

それは何か。

お答え。


「内容への侵入速度」
です。


物理的に目が長文に向かって「内容のあたり」をつけるまでの速度。
救命救急の世界では大人数の患者が同時発生した時、
「トリアージ」というのがあって、
緊急対処度を素早く「色分け」します。
このトリアージが素早ければ多くの患者さんを救えます。
(TOEICでのトリアージは数秒間の心の余裕、内容の侵入速度を速めます)

Part7で「内容への侵入速度」を1つの長文に対し、
30秒アップさせるだけでもトータルでは大きく違うでしょう。

の中で加藤優先生は、

5問の設問あったら全部覚えて長文を読もう、
オラオラー!めいたことを書いておられますが、
ちょっと再現性が低い厳しいアドバイスです。


では、個人的に思う、

「内容への侵入速度」 を上げる方法とは?

・素早くページをめくる(コンマ3秒の節約)×ページ数!

そして、


・設問選択肢が短いもののみ先読み!
です。


こういう問題があったとして、




はい、Lock on!




Bisset注文した色・・・
Bisset注文した色・・・
Bisset注文した色・・・

いつまでに小さいサイズの来る?
いつまでに小さいサイズの来る?
いつまでに小さいサイズの来る?


こう唱えながら長文に in します。
5問中2問を短期記憶して長文に入るわけですから、


「内容への侵入速度」 は当然に早まります。


試験時間が足りない時の「サバイバル・テクニック」としても使えます。
もし、アナタに合いそうでしたらやってみてください。


JUGEMテーマ:TOEIC攻略
 
| TOEIC Part7 | 21:21 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | このページのトップへ
【GW特別/誌面講義】TOEIC Part7の加速装置。
TOEICにおける記事(アリコ)問題。
メタの部分は下記や他のとこにも書いています。
http://toeicto.jugem.jp/?eid=230

他の記事を読みたい方は、本ブログ右 [Search this site] のBOXに、
「アリコ」とか「記事」とか「Part7」など入れて検索してみて下さい。

今回は、これまでのメカニズム(メタ)解説の実践編です。
理論は使えないと意味がありませんからね。


-------------------------------------------------


ではまず、以下のアリコ本文「本番のつもり」で読んでみてください。

900以上のハイスコア狙いの方・・90秒
初中級の方・・・・・・・・・・・とりあえず時間無制限



GO!


 


どうやらホテル内のレストランに「敏腕シェフ」を新たに雇ったようですね。

さすが、公式だもの。
「いかにもTOEIC!」という感じの記事問題で、実によくできています。
本物の英字新聞はもうちょい「肉付け」がなされています。

http://blog-imgs-54.fc2.com/b/e/y/beyond990/23354877.jpg


さて、上記の英文がやってきた時、
ハイスコアな人々が、スラスラ解ける「加速装置」として、
必ず意識、無意識に関わらず、やっていることがあります。


以下が、今回の英文に関する、その加速装置表です。




初中級者の人は上記を踏まえ、もっかい読んでみてください。








問題は載せませんが、
実際問題の「問い」に関して、


「赤線ゾーン」(オープニングパラグラフ)

「青線ゾーン」
(2nd パラ)として解説します。






英文には『結論firstの法則』があるので、

「赤線ゾーン」は、

究極の超リアル重要、問題でるでるゾーンです(笑)。


・is about to become very well known.
 (これから有名になりそう) → 今はそこまで有名じゃない。

・Jade レストランに迎えた、
 シェフの名前 Mei-Yi Gan (フォーマルな文なので次からは Gan と表記)

この2点は「脳に刻みこむべき知識」です。リテンション!



「青線ゾーン」

ここには、シェフの前職や周辺情報など「補完情報」が配置されます。
3パラグラフある英文の「2つ目」なので、

「ほぼ」そうなると英語のルールで決まっています。



そして読み進めると、
Gan studied under 〜の英文から、
Chef Chun-Yuen Li という「お師匠さん」から学んだことが分かります。


ん!?

はい、ここから必殺!





Mei-Yi Gan(弟子/これからJadeのシェフ)

Chef Chun-Yuen Li (師匠)



なわけですが、
ここには「意思決定を混乱させ、遅らせる巧妙な仕掛け」が存在しています。


まず、弟子の Yi
師匠の Li で「2文字対応」で2文字目が " i "ですね?
これは「どっちがどっち?」の名前で混乱を狙っているわけです。

さらに!

Chef Chun と、「Ch」を重ねてきています。
これはもう「意図的」「確信犯」でしょう(笑)。
日本の公式問題集Vol.4 Test2 169-172でも、
異様に「C」からスタートの語句が多いですねえ。

このように、TOEICはアリコ問題で「人名」「固有名詞」で、
「反応しにくい」「混乱させやすい」という文字列を並べてきます。

対策としては、強烈なイメージングです。

Chef Chun-Yuen Li (師匠)

チュンリ!?
チュンリがエロい料理師匠!!

 ← チュンリ師匠!!


てな感じで、高速リテンション。


そして「青線ゾーン」を俯瞰すると、

各パラグラフの最後の方!に、
問題解決のキーが隠れていることが多いのもTOEICの特徴ですな。


「1文書内でのリファレンス」は、

今後のトレンドになっていく予感アリアリです。



スピニングバード・キック!


JUGEMテーマ:TOEIC攻略
| TOEIC Part7 | 12:22 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | このページのトップへ
TOEIC 黒王子の本。
濱崎潤之輔(HUMMER)さんが上梓された「全力特急」が2冊。
1冊は買い、もう1冊はHUMMERさんから献本としていただいた。




献本され、知り合いだからといって無条件で良くいうつもりはないし、
むしろ、厳しめでいく方が本当なのかもしれない。

それでも「さすが」といえる内容だった。
HUMMERさんのことだから、特急といっても、
結構「分厚い本」になるんじゃないの?と思っていたが、まさに予感的中。
過去の特急シリーズでは最も重厚な300ページ超。
この「分厚さ」こそが「HUMMERさんそのもの」であると私は思う。

もちろん、クオリティとコスト・パフォーマンスを考えれば、
まさに「買いの1手」といえる仕上がりだった。




中でも、この本の必殺技(new deadly technique)はズバリ、


「Part7の目の動き」の番号付け。


だろう。

「解答根拠はココですよ」「だから答えは(C)」のような、
サルでもできる解法/解説ではなく、目の動きによる、
戦場での「サバイバル戦術指南」が、そこにはあった。

本文の内容は大方、読めるのにPart7の正解率が思わしくない人、
ゆっくり解けば正解するけど時間が足りない人。

このことに身に覚えがある人は、
この本の「Part7ノウハウ」を体得すべきだろう。

さすれば「辿るべき道筋(コツ)」が分かり、
トレーニングを重ねることで時間短縮になり、
飛躍的な正答率アップにいざなうだろう。

最初は英文に数字がふってあって、ゴチャつくかもしれないが、
その「ゴチャつき」が解消され「当たり前」になってきた時、
あなたの目は「ハイスコアを狙える目」になっていることだろう。

と、テクニカルな部分はそんなトコロ。


それらに加え、HUMMERさんだからこそ、

さらに「伝えたいこと」が、この本にあった気がする。

私が本書から受け取った、その「全力メッセージ」を英訳すると、
ズバリ、こういうことである。




ありがとう、HUMMERさん。


JUGEMテーマ:TOEIC攻略

| TOEIC Part7 | 00:00 | comments(1) | trackbacks(0) | - | - | このページのトップへ
Part7は driven のチカラ。
(800点を複数回、超えたことがあって調整不足の方のための戦術)

3月テストまで間もなくです。
業務がバタバタでガッチリ学習できていませんが、
このパターンは昨年もあって、
意外にこういう時こそ良い点数がとれたりします。
(満点は厳しいかもだけど)

おそらくこれれは昨年つかんだ「日々の意識度」が高くなっているので、
「直前の調整」だけで最適な効果をもたらしていると思われます。

「直前の調整」とは、

「出題パターン、枠組み記憶の呼び戻し」
です。


ワタクシは、2010年から通算すると、
かれこれ20回くらい、TOEICを受けましたから、
「こんなんがでる」は模試1つ(2-3時間)みっちりやれば、
思い出すわけです。「TOEIC脳に最適化させる」ということ。

まず、これで骨を作っておいて、
後は過去のデータベースからの「肉付け」です。

一度、解いたことある良質模試の問題をグイっと引き寄せます。
リスニングは「解答リズム」を、Part7なら、
「読みの深さ」「最適スピード」「目の動かし方」
この3つから「リテンション」の反応を確かめます。

特にPart7は、普段の業務にないタスク(脳回路)なので、
「解法」に注力します。ぶっちゃけ、直前調整の1回目のPart7は、
R450 を超えているワタクシでも正解率8割もありません(汗)。

しかし、この久々に解いて「全然ダメ」こそが重要な手続きなのです。

これによって脳が一気にTOEICの世界に driven されます。


この「直前ガッチリ解き」からの「正答率悪し」は、
薄い皮に包まれた風船に針を刺す感覚です。



パン!と風船が割れて、あとはヨイショー!ってな感じです(笑)

呼び戻してからの、
2回目、3回目とグングンTOEIC脳が蘇り、覚醒していきます。
5回目あたりが本番テストなら、このたびは万全でしょう。

今回、調整できてないからなあ、という人で、
過去に5回以上、TOEICを受けたことがある人は是非、お試しあれ。




TOEICは、3-4日あれば、

できることは沢山あります。



JUGEMテーマ:TOEIC攻略
 
| TOEIC Part7 | 14:05 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | このページのトップへ
花粉症とTOEIC。
※スマフォで読んでくれている方、画面デザインを替えてみました☆

さて、今年の花粉症(Hay Fever)は非常にタチが悪いですな。
TOEICの最重要ファクターの1つともいえる、
集中力(ability to concentrate)を奪うので、
対策を講じたいところです。
(take measures/take steps) ※複数形になるのがミソ。

ワタクシも、かれこれ、10年近く花粉症と対峙していますが、
3年前ほどから知恵がついて対策がハマってきたのか、
「涙どうしょもない、ティッシュ手放せない」ということはなくなりました。

嵐(大野くん)がCMしている紫のアレはダメです。

クスリってのは、あくまで「緩和(alleviation)」であり、
根治(be completely cured)ではないからです。
しかも、薬は人の体質によって合う合わないがあります。

また、これは後輩の実家が耳鼻咽喉科なので断言できますが、
耳鼻咽喉科医にとって今の時期は「稼ぎ時」らしく、
後輩の父は「入れ食い状態や!」と言ってたとか言ってなかったとか・・。
根治したら、医者はいらなくなりますからねえ。
耳鼻咽喉医は花粉症を完全に治す気はゼロといっていいでしょう。

耳鼻咽喉科医
ENT doctor〔ENT=ear, nose, and throat〕
Otorhinolaryngologist


市場に飲み込まれず「思考力」と「実行力」を持つということ。
(the ability to think & produce the goods)

大事なコトは大元の「アレルギー」を解決するということ。
(we should fundamentally work allergy out.)


そして、その大元とは「食べ物」です。

以下のモノを食べていて「俺(アタシ)、花粉症なんだよね」というのは、
手に釘をブッ刺しながら「俺(アタシ)、最近、血がでるんだよね」と、
言っているのと同じです。

・油モノ(揚げ物)
・添加物入りまくりのパン、ケーキ(マーガリン/ショートニング)
・マクドナルド
・トランス脂肪酸
・ポテトチップス

上記の食べ物を止め、

まずは外出先から帰ってくるやいなや、
As soon as you're back to home,

This!


鼻腔にたまった花粉を「鼻うがい」で「物理的に」洗い流します。
これは、人間であれば合う合わないは関係ありません。

次にアレルギーと戦い、人間本来が持つの機能を助け、
アレルギー反応を叩ける摂取物を紹介します。

その筆頭は、最近は、ご存じの方も増えましたが、

 オメガ3 
です。

荏胡麻油や紫蘇油に多く含まれています。
代表的なのはコレ。サラダなどにぶっかけて「毎日」接種します。
※少量(スプーン1杯でよいので)朝昼晩3回がベスト
※熱するとオメガ3は死ぬので冷たいモノで。



「冷たい系(サラダ)で生き抜くの無理!」という方は、
以下は非常に理にかなっています。
私は年始になると、これを2-3袋スタンバイします。
(胡散臭いと思ってたけど、DHCを見直した!)




そして!!

長きに渡る花粉症との戦いに終止符を打ち、
とどめを刺すのがコレです。

Give the finishing blow!




値段は、expensive ではありますが、その分の効果はありまくり。

だって「細胞そのもの」を強くするんだもの。

圧倒的勝利なんだもの。

1粒で効かない人は「2粒」と書いてありますが、

最初から「2粒」いくべきです。

そして、これは必ず、

「夜、寝る前!(空腹時)」に飲んでください。


次の日の寝起き、う○この威勢、お肌のツヤ、すべてが整っています。
だって「細胞そのもの」が元気になってるんだもの。

花粉症というのは意外に「朝」「寝起き」というのは大事です。
ここが健やかであれば、春のうららかな陽気を楽しめます。
寝起きで鼻がクシュクシュなる人で花粉症の人には効果テキメンでしょう。

「ルミンA」は朝-12時くらいまでは効き目がある感じですので、
紫蘇油でダメ押しし、昼過ぎ以降は上記DHCサプリなどで粘れば、
医者からもらう「異様に眠くなるクスリ」よりは良いと思います。


最後に念押し。

今回紹介した上記「YOJI的、花粉症、必殺アイテム!」を駆使しても、

------------------------------------
・油モノ(揚げ物)
・添加物入りまくりのパン、ケーキ(マーガリン/ショートニング)
・マクドナルド
・トランス脂肪酸
・ポテトチップス
------------------------------------

これらを食べると元の木阿弥です。
3/4月中はガマンしましょう。

そうすれば、春のうららかな陽気が楽しめるでしょう。


Cherry blossoms will start!






JUGEMテーマ:TOEIC攻略



| TOEIC Part7 | 16:05 | comments(1) | trackbacks(0) | - | - | このページのトップへ